#01

安達祐実(撮影:田村豊)

安達祐実(撮影:田村豊)

 私生活では2児の母となった安達祐実だが、仕事のほうもドラマに映画に出演作が途切れず、女優業が波に乗っている。今度はイケメンアイドルグループのオタクという共通点を持つ35歳の5人の女性を描くドラマ「婚外恋愛に似たもの」(dTVで配信中)に出演。同作は「校閲ガール」などで知られる作家・宮木あや子の同名小説を実写化したもので、出演は他にプチセレブの主人公を栗山千明、反抗期の息子を抱えるシングルマザー役を江口のりこ、誰もが羨む美貌のスーパーエリート役を平井理央、落ち目のBL作家役を富山えり子とそれぞれ個性が光る。そんな中、「普通」が一番の専業主婦役にチャレンジするという安達に聞いた。

 「私は、そういうのはぜんぜんなくて……」

 安達自身は、男性アイドルに熱を上げたことはないそうだが、今作を通してアイドルの魅力の一端に触れることができたという。

 「5人の女性がそれぞれ生活の中で、いろいろな悩みを抱えているのですが、アイドルに夢や希望をもらうことで、心が元気になり前を向いて行ける。そういう部分があるんだなって、今回やってみて思いました。すごく輝いていたり、頑張っていたり、そういう姿に観ている人たちが勇気づけられるのがアイドルという存在なんだろうなって」

 5人が入れあげるグループは「スノーホワイツ」といい、ドラマの配信期間限定ユニットとして誕生。ネットには特設サイトがもうけられ、試写イベントではプレミアムライブも行う。演じるのはDa-iCEの岩岡徹、和田颯、そして俳優の太田将熙、増子敦貴、聖貴の5人だ。

(取材・文・撮影:田村豊)

 ドラマ「婚外恋愛に似たもの」(dTVで配信中、毎週金曜0時更新、全8話)