スターダスト☆レビュー

 女優・高畑充希がドラマの中でカバーした「木蘭の涙」が若い世代にも人気となった、日本を代表するライブバンド、スターダスト☆レビュー。5月に日本コロムビアに移籍した彼らが、アルバム『還暦少年』を27日に発売する。

 6月12日にヴォーカル&ギターの根本要(61)が脳血栓が見つかったため緊急入院し、同アルバム発売記念ライブやイベントなどが中止となり、周囲やファンの間に心配の声が広がった。しかし、根本は公式ホームページで早期発見が幸いし、10日~2週間程度で退院できるとし「すこぶる元気」とコメントを寄せていた。そして、23日にはバンドの公式サイトで退院を報告した。

 「入院中は初めての体験ばかりで、膨大なMCネタもできましたが、夏からは『スタレビのライブはたまに歌う』という都市伝説をも覆す、さらにパワーアップした元気いっぱいの歌を届けたいと思っています。これからも最高のライブを目指して、身体に気をつけながら頑張っていきます。夏からのスタレビに期待していて下さいね。皆様にお会い出来る日と楽しみにしています」と、来月から始まるライブツアーには元気な姿を見せると約束している。

さて、ニューアルバムはどんな感じ?

 ニューアルバム『還暦少年』は、前作『SHOUT』以来、約4年振りの発表となる。5月に発売された先行シングル「世界はいつも夜明け前」(ベッキー主演「くノ一忍法帖 蛍火」<BSジャパン>主題歌)のほか、 軽快なロックンロール・ナンバー や80’Sナンバー など、バラエティーに富んだ全10曲を収録。今回、サウンドプロデューサーに佐橋佳幸を迎え、すべてのアレンジを手掛ける。

 気がつけば、もう還暦。若くないとついつい年齢の話は避けたくなってしまうけれども、スタレビがタイトルでわざわざ「還暦」を語る。そんな“わざわざ感”が彼ららしくて楽しいし、歳を重ねるのも悪くないと感じさせてくれる。根本の澄み切ったボーカルはいつまでも変わらないし、キュンキュンうなる泣きのギターは健在。そして、どこからかさわやかな風が吹いてきて、梅雨明け前に夏気分をグンと盛り上げてくれる。

 アルバム初回限定盤は、 貴重なアルバムレコーディングドキュメント映像などを収録した特典DVDの付く豪華盤だ。7月7日より宜野湾市海浜公園 屋外劇場を皮切りに全国野外ツアー『楽園音楽祭2018』 がスタートする。

スターダスト☆レビュー、ニューアルバム『還暦少年』

『還暦少年』 全10 曲収録
M1. 海月~ UMIZUKI ~
M2. You're My Love(東海テレビ開局60 周年応援ソング)
M3. 恋するT シャツ
M4. 路傍の歌/
M5. 世界はいつも夜明け前(BS ジャパン 火曜ドラマJ「くノ一忍法帖 蛍火」主題歌)
M6. Blues In The Rain
M7. 還暦少年
M8. Windy
M9. ジグソーパズル
M10. 静かな愛で