今月23、24日に千葉・幕張メッセで開催された「次世代ワールドホビーフェア’18 Summer」に出演した「はやぶさ」と「民謡ガールズ」

 テレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズ!」のテーマ曲を歌っている新世代歌謡グループ「はやぶさ」と次世代ボーカル&ダンスグループ「民謡ガールズ」が23日、24日に千葉・幕張メッセで開催された「次世代ワールドホビーフェア’18 Summer」に出演した。

 まずは、同アニメのオープニング曲『ジョー☆デッキー!!!』を手掛ける「はやぶさ」が、タカラトミー・ブースで行われたカードゲーム「デュエル・マスターズ」のイベントステージに登場。
 ヤマトは、「昨日に引き続き、今日も盛り上がっていますね! “ジョー☆デッキー!”の歌詞に合わせて振付も一緒にやってくださいね」と呼び掛けると、8月29日にシングルとして発売される同曲を熱唱した。

 続いて、同アニメのエンディング曲『キラリ☆夢音頭』を担当する「民謡ガールズ」からみのり、ゆうあ、いずみ、らむの4名が登場。

 みのりが「エンディング曲は“音頭”ということもあり盛り上がる曲ですが、サビのところがとくに盛り上がるので、一緒に楽しみましょう!」と元気にあいさつすると、6月27日にデビューシングルとしてリリースする同曲を披露した。

 また、「はやぶさ」と「民謡ガールズ」は今回のステージの目玉企画「アニメ主題歌スペシャルライブ」にも出演。
 「はやぶさ」は、自身が手掛ける同アニメの歴代オープニング曲である『エボレボ!』、『未来はジョー!ジョー!』、『ジョー☆デッキー!!!』の3曲を、それぞれのオープニング映像をバックに集まった子供たちとともに大合唱し、「民謡ガールズ」も振付を元気に踊って会場を盛り上げた。

 さらに、「はやぶさ」、「民謡ガールズ」から集まった子供たちの中から6人にカードゲーム「デュエル・マスターズ」のストレージボックスをサイン入りでプレゼントして喜ばせた。

 イベント後、「民謡ガールズ」のゆうあは「ステージに出た瞬間から、みなさんが盛り上げてくださって、とても楽しかったです」とニッコリ。

 みのりも、「サビの振りも少し難しいのですが、みなさんがやってくださって盛り上げてくれたので、本当にうれしかったです」と感謝した。

 「はやぶさ」のヤマトは、「昨年に引き続きご縁を頂いて、出演させて頂きましたが、昨年よりも定着してきているのかなという実感がありました。こちらがお願いしなくても、自然に歌ったり振付をしてくれた子もいましたので」。

 ヒカルも、「3回もオープニング曲を担当するすごさを改めてこのステージに立って感じました。新曲『ジョー☆デッキー!!!』だけでなく過去の曲も歌ってくれていて、子供たちの心にちゃんと残っているんだと感じました。新曲も大切に歌っていきたいと思います」と喜びをあらわにした。