スペイン・イエロ監督の采配批判のひとつになっているがスタメン起用を続けるイニエスタ(右)の問題がある(写真・ロイター/アフロ)

南アフリカ大会覇者であるスペインがグループBの1位通過を決めたが、冷や汗ものの突破だった。モロッコとの最終戦は、引き分け以上が最低条件、もし負けると、ポルトガル対イランの結果如何で、2大会連続のグループリーグ敗退の危機もあったが、前半13分にイニエスタの不用意なパスミスからボールを奪われて先に失点。その5分後に、イニエスタのアシストでイスコが同点ゴールを叩き込んだが、また後半36分にCKから勝ち越しされた。後のなくなったスペインは、アディショナルタイムに一度は、オフサイドと判定された同点ゴールをVARに救われて、なんとかドローに持ち込んだ。

 だが、地元スペインのメディアは、大会2日前のロペテギ監督の解任を受けて、急遽、監督就任することになったイエロ監督の采配を批判した。「マルカ」は「イエロ監督は決断を下す必要がある」との見出しの記事を掲載した。
「モロッコとの試合をドローで終えグループ1位となったが、それは奇跡的だった。スペインにとってポジティブな面はある、しかし、格下で、すでにグループリーグ敗退の決まっているチームを相手にやっとドローなのだ。そこには多くのマイナス面が存在する。イエロは腹を決めるべきだ。選手交代、交代の時間…。ディフェンスには信頼性がなく、キーパーは自信がない、試合は深みに欠けた。監督は、ほとんどチームを動かさない。監督が変化するのは難しい世界であるが、それでも変えなければならないことがある。自己批判を始めてもらいたい。それは、イエロ監督、あなただ!」

 同記事では、そのプレーに批判の集まっているイニエスタを先発させ、今回もスタメンをわずか一人しか変えなかった選手起用や、攻撃的選手の投入が遅れたことなどの采配を強烈に批判した。また失点の目立つディフェンスと、マンUでプレーしているGKのデ・ヘア不安定さを指摘した。

 さらに「スペインのサッカーは遅く、多くのミスがあった。それらをイエロ監督は決勝トーナメントで改めねばならない。スペインは、75%ボールを支配していたにもかかわらず、ビッグゲームとはならなかった。多くのシュートチャンスがあり、落ち着いて戦えば勝てた試合だったはずだ」と厳しい論調。

 それでも、グループを首位通過できたのは、「VAR、アスパス、イラン、クリスティアーノ・ロナウドのPK失敗などのお陰だ。大災害ギリギリのところで奇跡が救ってくれたのだ」と、皮肉をこめて説明。アディショナルタイムのアスパスの同点ゴールがVARに救われた点や、ポルトガル対イランで、C・ロナウドがPKを外したためドローに終わりスペインに1位が転がりこんできたことなどを奇跡と表現した。

 采配に批判が集中したイエロ監督は、試合後のテレビインタビューには「我々は、自己批判をすることができる。多くを述べることはできないが、良いプレーも、悪いプレーもあった」と答えていた。

 神戸と契約した34歳のイニエスタを決勝トーナメントでもスタメン起用した場合は、また批判が集まるのかもしれない。

 その渦中のイニエスタは、「マルカ」の取材に対して、自身のプレーを振り返り「もっと改善することができる。私は、イエロ監督と同じ考えでいるし、見解はすべて同じだ。次の試合、相手チームの分析をするけれど、すべてが難しい。それがワールドカップなのだ」と語った。

 問題視されている自身のパフォーマンスについて「私は、常に自分にとって非常に肯定的なビジョンを持っている。いつも(攻守の)バランスを取らねばならない。厳しい試合の流れ、時間がないときもあるが、ね。我々は、躍進できる。それが次の試合で不可欠なことだ」と、前向きに次の試合へ向けての抱負を口にした。
 決勝トーナメントの初戦はグループA2位の地元ロシア。無敵艦隊スペインが正念場を迎える。