「はやぶさ2」が小惑星に到着 JAXAが会見

 小惑星探査機「はやぶさ2」が27日に目的地である小惑星「Ryugu」(リュウグウ)に到着した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は午後4時をめどにJAXA相模原キャンパスで会見を行い、はやぶさ2の状況について説明した。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【全編動画】「はやぶさ2」が小惑星リュウグウ到着 JAXAが記者会見 」に対応しております。

    ◇     ◇

佐伯:それでは、今後のスケジュールを大ざっぱにご説明差し上げたいと思います。本日、6月27日に無事、小惑星に到着しました。先ほど言いました、ありましたホームポジションというところに探査機は基本、滞在します。これが高度20キロです。今後、一番最初にくる、われわれの一番大きなイベントっていうのは、今後どこに降りるかっていうのを決めてあげるというところが非常に大きなところになります。これが赤字で書いてある8月下旬ですね。ここにじゃあ小惑星のどこに降りようかということをみんなで決めるということになります。そのために幾つか、高度を下げた運用とか、あと探査機をもっと下げてあげて小惑星の重力を正確に測るというような運用を間に挟みます。その結果をもって8月下旬には小惑星上のここら辺に降りるとか、あとこの辺にローバーとかランダーを降ろそうというような決定をするということになります。

【全編動画】「はやぶさ2」が小惑星リュウグウ到着 JAXAが記者会見