[写真]会長に選出された浜田靖一氏(中央)と会長代行の古川元久氏(左端)、佐藤勉氏

 与野党の超党派議員で衆院改革を目指す会議が28日、発足した。名称は「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」で、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長らが呼びかけた。残りあと1年を切った平成の時代が終わるまでに、一つでも、どんな小さな内容でも衆院改革で「結果を出す」ことを最優先するという。

【中継録画】小泉進次郎氏ら自民若手議員が国会改革で提言

 同会議の呼びかけ人には、ほかに国民民主党の古川元久幹事長や日本維新の会の馬場伸幸幹事長、無所属の細野豪志氏らも名を連ねた。この日、衆院議員会館で開かれた初会合では、会長に呼びかけ人代表だった自民党の浜田靖一元防衛相が選ばれた。

 会合後に古川氏、馬場氏、小泉氏が会見し、出された議論の内容を紹介した。それによると、会合には100人を超える与野党議員が参加し、18人が発言したという。

 衆院改革のテーマとしてさまざまなものが挙げられたが、安倍晋三首相や立憲民主党の枝野幸男代表が「歴史的使命は終わった」と口にした党首討論については、「歴史的使命を終えてはいけない」「あるべき党首討論のあり方を考えていくべきだ」などの声のほか、党首討論の夜開催についても言及もあった。

[写真]呼びかけ人の一人で事務局長の小泉進次郎氏。右端は副会長の細野豪志氏

 会合には現職閣僚の河野太郎外務相も出席して意見を述べたという。小泉氏は「詳細は河野大臣から聞いていただければ」と語ったが、別の出席議員からは「外務大臣がこんなに国内にいていいのか」と、他国に比べて首相や大臣の国会出席日数が多い日本の国会制度の見直しを求める声も出たという。

 ほかには、質問通告ルールや委員会の定員や定足数のあり方、国会の調査機能の強化、本会議の採決の効率化や、党議拘束にとらわれない自由投票の活発化、国会のIT化、ペーパーレス化などに関する発言があった。

 初会合を受け、古川氏は「今の国会が国民の代表として機能してるのか、危機感を持っている議員がこれだけ多く集まったのは意味があった」と国民の国会への不信感に言及。「この会議はとにかく結果を出す。まずは平成のうちにできることをリストアップして実現していきたい」と今後の議論について述べた。

 小泉氏は、会議名に「平成のうちに」と明記した理由について、「国会改革を一つでも前に進めるためには、期限を区切って、どんなに小さなことでもいいので、すべての党派を超えて共有していただかないと動かないのが国会改革」と語った。

■初会合後の会見

動画をもっと見る