[写真]中間報告について説明する第三者委委員会委員長の勝丸充啓弁護士

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、日大の第三者委員会が29日午後2時から記者会見を開き、中間報告を発表した。

 それによると、反則行為は内田正人前監督と井上奨前コーチの指示で行われたと認定した。また問題発覚後に「一部日大関係者により、当該選手に責任を押し付け、監督コーチの指示はなかったことにしようとする不当な介入が行われたことが明らかになっている」ことも指摘した。

 日大は先月31日、弁護士7人からなる第三者委を設置。組織改革への提言も含めた全体の調査結果は来月下旬までに公表する。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】内田前監督らの指示を認定 日大の第三者委が中間報告発表」に対応しております。

【中継録画】内田前監督の指示の有無は? 日大の第三者委が調査結果公表へ

チームが関東学生連盟に提出する再建案、改善策に対して第三者委員会は干渉できるのか

NHK:ありがとうございます。最初の1点目の、田中理事長がヒアリングの対象になるかというのをお答え願えますか。

勝丸:それはこれからガバナンスの問題を考えていく先の話でございまして、現段階ではノーコメントでございます。

磯貝:ほかにございますでしょうか。お願いします。

TOKYO MX:『TOKYO MX NEWS』の有馬と申します。よろしくお願いします。2つ質問をさせていただきます。まず1つ目なんですけれども、この中間報告書、今朝、日大側にお渡しになったと先ほどおっしゃいましたが、その窓口となっているセクションですね。そこからどのレイヤーまでこの報告が上がっていくものと認識されているのかというところをお伺いしたいんですが。お答えいただけますでしょうか。

勝丸:どういうふうに上がっていくのか、正直なところ承知しておりません。これが完成したのが今朝の9時ごろで、日大の広報の方に取りに来ていただきまして、そして今日のこの会見をセットしてもらったわけでございますけれども、当然その報告書自体は【すでに 00:45:28】先ほど話のあった会長なり理事長なりに上がっていくものと理解しておりましたが、ちょっとどういうルートで行くのか私のほうは承知しておりません。当然上のほうまで行くだろうと理解しております。

TOKYO MX:すみません、それは今後の最終報告、もしくは改善案も含めて、学内のどのレイヤーまで上がっていって判断されるかということは、確証はまだされていないということですか。

勝丸:今のご質問の趣旨がちょっと私、勘違いしてたら申し訳ないんですが、この報告書がどこか真ん中で止まってしまって、トップの学長や理事長まで行かないのではないかという懸念を持っているというございましょうか。もし仮にそうであるならば、私どもはまったくそこは疑いを持っておりませんで、当然ながらすぐに学長なり理事長なりのところへ、ルートは正確に知りませんが届けられると思っております。

 というのは、私がこの第三者委員会の委員長を引き受ける際に、3つの条件を付けましたけれども、そのうちの最後の条件が、答申が今までの大学の見解と異なるかもしれない。あるいは大学にとって気に入らないというわけじゃないですが、いろいろ注文の多いことを書くかもしれないと。しかしどういうことを書こうが、それは大学側として真摯に受け止めて対応すると。そういうことであれば、私はこの仕事を引き受けますということを3つ目の条件に付けたわけでございます。当然ながら、それらの条件を実行していくためには、学長なり理事長なりの了解がないと進まないわけでございまして、もしこの報告書が届かないというふうな事態であるならば、すぐにでもこの座を降りたいと思っておりますので、そこは疑いを持っておりませんし、また大学側も当然ながらトップまで届けて、そこで判断するという仕組みだろうと考えております。

TOKYO MX:ありがとうございます。そしてもう1つなんですけれども、チームのほうから関東学生連盟のほうに今後の再建案、改善策を提示して、今シーズンのリーグ復帰ができるかどうかという判断をされると思うんですが、そのチームが提出する再建案、改善策に対して、この第三者委員会の方々としてはどの程度干渉ができるといいますか、整合性を取るための申し合わせといいますか、どの程度される予定でありましょうか。

勝丸:まったくおっしゃるとおりの疑問があろうかと思います。私もこれからどうしようかと思っているところです。例えば、やや、ちぐはぐであったのは監督公募という話ですけど、私は監督公募について聞いておりませんでしたので、そういうことじゃ困ると。やはり改善をやっていく上では第三者委員会にもきちんと連絡をした上で連携して、改善というのを考えていかなければならないのではないかと、いうことを大学のほうで申し入れまして、大学のほうは今後はそういうことのないようにやっていきます、ということでございます。

 従いまして、私どもの出す改善案というのは、もう少し先のほうまで考えたもので、今、大学のほうでやっておられる改善案というのは、取りあえずこれやりますというものだろうと思いますけども、その中には重なるものもあるでしょうし、重ならないものもあろうかと思いますけれども、いずれにせよ、まったく乖離するということのないように、なんらかの方法を考えていきたいと思います。

 ただ第三者委員会が直接、17日までの改善案について当事者として口を出すということはたぶんないだろうと思っております。私どものほうでもう少し先を見据えた改善案を考えていきたいと思っております。以上であります。

TOKYO MX:ありがとうございました。

磯貝:ほかにご質問ありますでしょうか。お願いします。