日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第12回

 モンゴルの祭りといえば、ナーダムだ。モンゴル国では毎年7月11日の革命記念日に行われるナーダムは国家主催となっていて、世界中から観光客が押し寄せる一大イベントだ。

 内モンゴルではモンゴル国のように決まった日程で行われるナーダムはほとんどなく、毎年各地によって実施日が異なる。ただ、7月から8月の短い期間に行われることが基本だ。

ナーダムの開幕式を終えて、会場を去る親子=シリンゴル盟・ジューグンウジュムチン・ホショー(2012年7月撮影)

 私が子供のころは、ナーダムの開催は本当に少なかった。モンゴルの地方行政単位のホショー規模で行うようなナーダムは何年かに一回しか開かれなかった。

 ある年のシローンフフ・ホショーのナーダムの際、私たちは夏営地のゴゴステイン・ゴルという川のほとりにいた。大人たちは馬に乗ってナーダムに出かけた。格好良かった。いつか自分も馬に乗り、遠いところで開かれるナーダムに行ってみたいと思っていた。

 数日後、大人たちは鞍に果物を乗せて戻ってきた。ナーダムのお土産だった。大きなモモやリンゴが、馬の振動によって潰れて、果汁が出ていた。とても美味しかった。

 そして、夜の牛の乳搾りを終えた女性たちがアルガル(牛糞を乾燥させた燃料)を燃やし、虫を燻(いぶ)し、男たちを囲み、ゲルの外でお茶を飲みながら、どこの相撲が優勝したか、どこの名馬がきたか、などとナーダムの話に花を咲かせる。

 その穏やかな夏の夜のことは、今でも記憶の中に鮮明に残っている。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第12回」の一部を抜粋しました。

内モンゴル自治区の地図


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。