[写真]中間報告について説明する第三者委委員会委員長の勝丸充啓弁護士(中央)

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、日大の第三者委員会が29日午後2時から記者会見を開き、中間報告を発表した。

 それによると、反則行為は内田正人前監督と井上奨前コーチの指示で行われたと認定した。また問題発覚後に「一部日大関係者により、当該選手に責任を押し付け、監督コーチの指示はなかったことにしようとする不当な介入が行われたことが明らかになっている」ことも指摘した。

 日大は先月31日、弁護士7人からなる第三者委を設置。組織改革への提言も含めた全体の調査結果は来月下旬までに公表する。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】内田前監督らの指示を認定 日大の第三者委が中間報告発表」に対応しております。

【中継録画】内田前監督の指示の有無は? 日大の第三者委が調査結果公表へ

はっきりとやっていないと否定しているのか

TBS:要は様子なんですけれども、もうはっきりと、そんなことやってませんって堂々と否定されているっていう状態なんですかね。

勝丸:内容によりますけれども、大事な点についてはそのとおりであります。

TBS:ありがとうございます。

磯貝:じゃあこちらの。

再建に向けて日大関係者の影響力を遮断していく必要があると思うのか

テレビ朝日:テレビ朝日の【ヤマガミ 01:06:19】と申します。最後のほうの今後の予定関わるところで、先ほどからも出ていますが、日大関係者や日大職員などの、一部の関係者の不当な圧力について触れられていますけれども、その結びのほうでも日大アメフト部の再建への1歩ということで、内田氏の影響力を遮断したと書いてますけども、こういった日大職員や関係者といったところの影響力、これがどの程度あると認識されていて、再建に向けてこういった日大関係者の影響力を遮断していく必要があるというふうに考えていらっしゃるのか、その点についてはどのように今の段階でお考えになっていますか。

勝丸:当然、ただ今のご質問はいろいろ口封じなどを図ったという点等に関しまして、内田氏も含めて影響力はどの程度あるかということだろうと思いますけれども、少なくともこれまで内田氏の影響力は極めて高かっただろうと思います。こういった影響力は完全に排除されねばならないと思っています。

 また井上氏も内田氏にくっ付いていた関係でございますけれども、その力を借りての影響力はあっただろうと思います。これも完全に排除されるべきであると思っております。また名前は書いておりませんけれども、それに関係する人たちの影響力も相当あったと思っております。それも完全に排除されるべきだと考えております。以上です。

磯貝:それでは【**01:07:58】。

共同通信:共同通信の【ハラシマ 01:08:04】と申します、よろしくお願いします。大学が学連に出す報告書について7月17日が締め切りになっているかと思うんですが、その報告書について、第三者委員会のほうから何か助言などをするようなことは想定されているんでしょうか。

勝丸:ただ今の質問は、日大が関東学連に対して出す改善報告書等に対して私どもからアドバイスするのかということでありますけれども、立場が違いますので、直接的にここをこう変えろということを言う立場にはございませんけれども、しかしながら今後の改善はそういうことを考えていく日大当局と、あるいは改善策を示す第三者委員会とが共通の目的を持っているところでございまして、どういうふうな報告書を出すのか、どういう点を改善していくのかという点につきましては、連絡を取りながら齟齬することのないように、あるいは助け合える形で意見を出せるようにそういう協力はしていきたいと強く思っております。

共同通信:ありがとうございます。

司会:ほかにご質問ございますでしょうか。