4大大会挑戦への原点であるウインブルドンの初戦で錦織はアカデミーで共に練習してきたホープと対戦する(写真:Shutterstock/アフロ)

 聖地──今年で150年を迎える英国のテニスクラブを、多くの人々はそのように表現する。
 正式名称は、オールイングランド・ローンテニス&クローケー・クラブ。創設日は1868年7月23日と定められており、同会場のミュージアムには、当時の誓約書も展示されている。日本で言えば、明治の始まりの年から連綿と継承される歴史と伝統が、威厳と正統性を醸成する大会──。それが日本時間2日に開幕したウィンブルドン選手権である。

 錦織圭にとってもウィンブルドンは、今に連なるキャリアの一つのスタート地点だ。10年前の2008年、当時18歳だった錦織が初めて本戦出場を果たしたグランドスラムこそが、ウィンブルドンであった。ただしその始まりは、後のこの地での戦いを暗示するかのような、苦い記憶が絡まるものでもある。初戦で第1セットを奪うも、痛めていた腹筋の痛みが耐え難いものとなり、第2セット終了時に無念の棄権を申し出た。以降、彼はウィンブルドンで2度の棄権を経験し、最高戦績はグランドスラムの中で最も低い4回戦。今大会前に口にした「いつも芝では(身体に)ダメージを受けるので、不安はちょっとあります」「自分のなかで、確実にポイントを取れるパターンが芝ではまだ確立していない」の言葉にも、拭いきれぬ苦手意識が滲んでいた。

 ただ実は錦織は、かつてこの芝のコートで、キャリアにおけるターニングポイントを迎えたこともある。それが、ウィンブルドン選手権と同会場で開催された2012年のロンドンオリンピック。この当時、ボールを捕らえる感覚に苦しみ「キャリアで初めてかも」という程のスランプに陥っていた彼は、球筋の速い芝のコートで気持ちよくウイナーを奪うことで、攻撃のリズムやテニスの楽しみを思い出せたという。同年10月のジャパンオープンで手にした優勝の起点には、聖地で取り戻した「自分らしい攻めのテニス」があった。

 昨年8月以降手首のケガのため長期離脱し、今回のウィンブルドンが復帰後2大会目のグランドスラムとなる錦織にとり、初戦で対戦する相手もどこか、運命の符合を感じさせる選手である。

 現在24歳のクリスチャン・ハリソンは、兄のライアンと共に期待を集めたかつての“若手のホープ”。錦織とは同じIMGアカデミーを拠点とし、少年時代から幾度も共に練習してきた間柄だ。