海外メディアは西野監督率いる日本のベルギー戦展望を厳しく報道(写真・ロイター/アフロ)

ワールドカップの決勝トーナメントがいよいよスタート。日本は明日ベルギーと対戦するが、米国のスポーティングニュースは「ワールドカップの16強優劣、予測、選択」の見出しで決勝トーナメント1回戦に関する記事を発信。その中で日本対ベルギーの対戦を「可能性がないということはないが、シミュレーションではベルギーが95%近くで有利となっている」と伝えた。

 記事は、まずベルギーについて「ベルギーの黄金世代はグループリーグの3試合すべてで自信のあるプレーを見せ決勝トーナメントを勝ち上がる期待が持たれている。FWのロメル・ルカクが前線で1番の戦力となっているが、エデン・アザール、ケビン・デ・ブライネ、ドリース・メルテンスが相手守備を何度となく崩している。攻撃では素晴らしい確率で得点機会を多く作っている。守備は、まだトップチームとの対戦はないが、ヴァンサン・コンパニの欠場にもかかわらずしっかりしているように見える。大会で最も印象深いチームとなっているが、ワールドカップの栄光までは、まだ厳しい道のりが残る」と評した。

 日本については、「試合早々の退場とペナルティーキックでコロンビア戦で番狂わせを起こし、セネガルからは引き分けを奪ってグループリーグを通過した。質の高い選手数名を揃え、勤勉に戦うチームだが、今大会では、16強で最弱のチームのようだ。香川真司、本田圭佑、岡崎慎司は、魔法のような瞬間を作り出すことができるが、日本はベルギーに圧倒されそうだ」と厳しい見解を記した。

そして「頭に描くものとしては(日本は)カウンターのみの超守備的な戦いをしそうだが、創造的でテンポの速いベルギーを抑えることは、とてもありえそうにない」とも続けた。

また英国のガーディアン紙は「ワールドカップのパワーランキング:ブラジル、クロアチアがリード」との見出しで、グループリーグ終了時点での出場32チームの番付を発表した。残念ながら日本は、決勝トーナメントに進んだ16チーム中、最低となる16位に位置付けられた。

記事は「良かったのか、幸運だったのか、それとも両方が少しずつあったのか。日本は当初グループHで最弱と目されていたが、初戦のコロンビア戦でカルロス・サンチェスが試合開始すぐに退場となって以来、幸運がもたらされている。負けたポートランドの終盤の戦い方で、彼らの監督は自ら(が採用した戦略)に嫌気を見せた。彼らは逃げ切ったが、このチームがさらに先に進むためにどのような力があるのかは見えにくい」と、コロンビア戦が、11対10の対戦になったことや、0-1で負けたポーランド戦では、リスクを承知で、後半37分以降、ボールを回した戦略などを紹介して、厳しく評した。

  一方、日本の対戦相手のベルギーはブラジル、クロアチアに次ぐ3位と評価された

「彼らが望んだか望まないかは別にしてベルギーの2軍チームは(グループリーグの最終戦で)イングランドをいつのまにか倒していた(スコアは1-0)。優勝候補として彼らは間違いなくグループリーグで最高の時を過ごした。日本は16強の最初の試合として喜ばしい対戦相手。非常に高い評価を集めてきた、この5年間が正しかったことを証明するため、この世代の選手たちにとって、これ以上の機会はないかもしれない」と、グループリーグを3戦全勝で勝ち上がってきたベルギーの充実した戦いぶりを紹介している。