大谷がいよいよ打者として復活する!(写真・アフロ)

 人によって物の見方は異なる。

 先入観や置かれた立場、そうであって欲しいという願望など理由は様々だが、今回、大谷翔平(エンゼルス)の右ひじ側副靭帯の再検査の結果を巡っては、日米で百家争鳴となった。数日経った今は、早くも復帰時期を巡る議論が、かまびすしい。早ければ3日(日本時間4日)のマリナーズ戦で復帰か? などとも報じられている。それでも、その28日(同29日)に行われた再検査の結果に関して、打撃練習解禁が最大のニュースという点で、見方は一致する。

 同日、エンゼルスのビリー・エプラーGMは電話会見で「通常の打撃練習は問題ない。順調なら、週末にも実戦形式の打撃練習を行う」と発表。打撃による靭帯への影響についても質問が飛んだが、「その点については、ドクターに質問を変えながら何度も確認したが、大丈夫と言われた」とのこと。

 大谷は早速、28、29日に打撃練習を行い、予定通り30日、7月1日(同2日)にアナハイムで実際の投手を相手に打席に立った。7月2日(同3日)も同様の調整を続ける見込みで、こうした一連の経過は、地元メディアのみならず、米経済誌の「フォーブス」(電子版)が伝えるほど。自ずと関心の高さが知れる。

 もっとも、程度にもよるが、通常の打撃に関わる動きの中で、靭帯に強い負荷がかかる場面は、「まずない」という。大谷の場合、部分断裂が明らかとなった6月7日(同8日)の段階でも、「指名打者であれば問題ない」と診断されており、今回の流れは既定路線だったーー。

 3日以降に関しては、「状態を見ながら」(エプラーGM)としているが、マイナーリーグでのリハビリは必要ないと話しているだけに、復帰までそれほど時間はかからないのかもしれない。遅くとも6日(同7日)から始まるホームスタンドが視野に入る。

 

 その一方で、投球練習の再開は見送られた。エプラーGMによれば、「3週間後に再検査し、その結果を見て今後を判断する」とのことだが、これをどう解釈するか。

 あるア・リーグ東地区のスカウトに聞くと、「今年はもう、投げさせないのかもしれない」と話し、こう続けた。

「無理をさせる必要もない」

 エプラーGMは、「PRP注射による治療は、今季中の投手復帰を考えてのこと」と改めて説明し、表向きは後半戦での復帰を諦めていないが、仮に次回の検査で投球練習再開のゴーサインが出たとしても、おそらく実戦復帰は9月に入ってから。プレーオフ争いからすでに脱落しているような現状で、数回先発させるために復帰させる意味はあるのか、というロジックはもっともだ。あくまでも来季を見据え、今は大事を取るーー。

 他方、思ったほどPRP注射の効果はなく、回復が遅れているという捉え方もある。ただ、そうだとしても「判断を焦る必要はない」と指摘するのはア・リーグ中地区のスカウトだ。

「7月にトミー・ジョン手術を受けても、10月にメスを入れても、おそらく復帰は2020年の開幕。じっくり回復具合を見極めてからでも遅くない」

 むしろその間、指名打者としてまとまった打席に立てることは、前向きな要素でもある。二刀流選手の場合、こうした応用が効く。

 もちろん、やはり手術が必要なのではという見方も燻る。打者としての復帰が実現したところで、手術の回避が決まったわけではない。しかし、手術を避けられないとしても、中地区のスカウトが指摘したように、今すぐその決断を下す必要はなく、10月まで待っても、投手としての復帰時期は、再来年の4月で動かない。ならば、ここでも打者・大谷を生かさない手はない。

 このあたりは、二刀流選手のユニークなところ。