動画をもっと見る

 第二次世界大戦後、日本海の若狭湾沖合に海没処分された旧日本海軍の潜水艦を探索していた「ラ・プロンジェ深海工学会」が3日午前、記者会見を開き、代表理事で九州工業大の浦環(うら・たまき)特別教授が「呂500」など3艦を発見したと発表した。

ドイツから譲渡された「ユーボートU511」

[画像]会見の模様

 同工学会によると、発見されたのは呂500のほか、伊121と呂68。呂500は戦争中の1943年にドイツから日本に譲渡された「ユーボートU511」で、これらは戦後の1946年4月30日、連合国軍総司令部(GHQ)によって若狭湾に沈められたが、今回の調査で、72年ぶりにそれぞれの艦の位置や状況が確認された。

 探索は6月18日から4日間、マルチビームソナーを使って行われ、それぞれ冠島西方海底(水深83~91メートル)で発見。大破することなく原型をとどめていたという。呂500と伊121については、遠隔操縦式の無人潜水機を投入して、艦の状況をビデオ撮影した。

 同工学会は、深海に関する学術を研究し、海中観測や機器開発などを推進する一般社団法人。昨年9月にも、長崎・五島列島沖に沈んでいる旧日本海軍の潜水艦「伊58」の調査を行い、同艦の特定に成功している。

※THE PAGEでは午後0時半からこの会見の模様を録画配信します。