シャドリのカウンターを防げなかった昌子は立ち上がれなかった(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

 日本は世界を驚かせた。優勝候補のベルギーを本気にさせて苦しめた。
 グループ戦術、献身、運動量、分析力、クイックネスという“日本らしさ”とスプリット存分に発揮した。だが、西野監督が、試合後に語った「紙一重」「わずか」という部分に潜む世界との壁、ベスト8への壁というものを痛感させられるゲームでもあった。
 
 アディショナルタイムの残り数秒で本田のCKをダイレクトでキャッチしたGKのフィードからスーパーカウンターを浴びた。その最後のところで、中途半端な戦術をとり、一瞬、集中力が途切れた。
 本田のCKから、得点を取りにいくのか、ここは時間を稼ぎ、延長戦での勝負に仕切り直すのか、明確な戦術プランが見えなかったのである。
 前者であれば、もっとゴール前に人数をかけておくべきだっただろうし、練習でつめていたとされる計算されたサインプレーを使うべきだったし、後者であれば、ショートコーナーを使って時間を稼ぎ、ポジショニングも、ベルギーのカウンターに備えておくべきだっただろう。そこを曖昧にした結果、GKにプレッシャーをかけることもできず、ディフェンスの戻りも遅れた。シャドリの決勝ゴールに昌子も、間一髪、間に合わず最悪の結果となった。

 私はベルギーの疲労度、そして日本は、まだ2枚の交代枠を持っていたことを考えると、延長戦で仕切り直すという選択で良かったのではないか、と考える。こういう場面でこそ、ピッチにいる選手が、自分たちで感じて考え、判断し、ベストの選択肢を採用すべきだったのだ。
 日本に足りないーーとされている、ベンチワークを凌駕した部分で、選手自身がピッチ内で考えて、決断する順応力、創造力、そして集中力という課題が浮き彫りになったのかもしれない。それが「わずか」な差でありながら越えることのできなかったベスト8、世界の壁の正体だろう。

 確かに日本はベルギーを追いつめた。ベルギーの戦力、戦術を分析した上で、スター軍団に粘り強い組織的な守備で対抗した。1対1の局面は作らずに、キーマンであるドリブラーのアザールには2人ではさみにいき、時には3人で止めてリズムを与えなかった。エースのルカクに対しても吉田と昌子が徹底マーク、ほぼ自由にさせなかった。
 日本の組織的な守備に、お手上げ状態となったベルギーも、ポジショニングを微妙にずらしたり、サイドの攻防、駆け引きを工夫をするなど動いてきたが、日本は“中”を絞り強固なブロックを形成して対応した。
 計25本のシュートを浴びる猛攻を受けたが、必ずゴール前では、シュートコースに体を入れて足を伸ばす。粘り強いブロックで最後の決定機を邪魔した。特に昌子は、W杯の1試合、1試合を経験する中で、そういうワールドクラスのディフェンスで必要なタイミングや間というものを身につけていったように見えた。
 そして高い位置からプレスをかけて、速い攻守の切り替えからチャンスを伺う。3バックのベルギーのサイドとの攻防、駆け引きには見所があった。

 先制点は、乾がボールを奪い、柴崎の縦へのスルーパスに原口が連動して生まれた。柴崎は、今大会で最も成長したプレーヤーだろう。ハイプレッシャーの中でのボールコントロールと、センスに満ちたパスワークでゲームメイカーとしての存在感を示した。しかも、スペイン移籍当時は、まだ未熟だった守備面が成長した。4年後に向けて、彼が日本のキーマンになることは間違いない。

 直後の2点目は、乾のワールドクラスのミドルシュート。膝下を鋭く振りぬく、独特のテクニックで、押し出すようにボールに力を伝えて蹴った無回転シュートだった。乾はインフロントで蹴って外から内側に巻くように曲がるシュートと、伸びていく無回転シュートの2種類を持っているが、見事な使い分けだった。

 日本は2-0にしても極端に引いて守ることはせず、プレスをやめず3点目をとりにいった。西野監督は手ごたえと同時に、まだ安心感がなかったのだろう。加えて、そう判断する余力が日本にはあった。これも物議を醸しだしたグループリーグの最終戦でスタメンを6人も入れ替え、休ませた効果だったと思う。