[写真]松本死刑囚らオウム事件の7人の死刑執行を受けて会見した上川法務相

 法務省は6日、松本・地下鉄両サリン事件など一連のオウム真理教事件で死刑が確定していた教祖の松本智津夫(本名・麻原彰晃)死刑囚(63)ら7人の刑を執行したと発表した。

 死刑が執行されたのは、松本死刑囚をはじめ、早川紀代秀(68)、井上嘉浩(48)、新実智光(54)、土谷正実(53)、中川智正(55)、遠藤誠一(58)の計7人の死刑囚。同日午後、臨時会見を開いた上川陽子法務相は、一連の事件は「(松本死刑囚が)救済の名の下に日本を支配して、自らその王となることまでをも空想して小銃の製造、サリン、VXの製造といった武装化を進め」、敵対するものを殺害する「身勝手な教義の下に」松本死刑囚の主導で行われたものだとした。

 執行の判断は「慎重な上にも慎重に、鏡を磨いて、磨いて、磨いて、磨ききるという気持ちで判断した」と繰り返し説明。執行のタイミングやこの7人だった理由については「個々の死刑執行の判断、それに関わる事柄については、答えは差し控えたい」と明らかにしなかった。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】オウム松本死刑囚らの刑執行 上川法務相が記者会見 」に対応しております。

     ◇     ◇
司会:それでは質問のほうに移らせていただきたいと思います。まず幹事社さんからお願いいたします。

産経新聞:すいません、幹事社の産経新聞です。5点質問させていただきます。まず1点目なんですが、なぜ今回の執行は、この人選になったのかということをお答えいただければと思います。2点目が、今回の執行なんですが、なぜこの時期になったのかという点につきまして、お願いいたします。3点目、今回の執行された死刑囚のうち、再審請求中だった者はいるかどうかについて、いたら、誰だったのかについてお答え願います。4点目、現在収容中の確定死刑囚の人数と、その中で再審請求中の死刑囚の数は何人いるのかということについて、お答え願います。それから5点目なんですが、今回7人の執行ということだったんですけども、1日の執行数としては過去最多になるのかということについて、お答え願います。よろしくお願いいたします。

上川:ご質問を5点いただきました。まず1点目でございますが、この死刑執行の時期。

男性:なぜ、この人選になったか。

上川:この人選につきましてでありますが、ただ今の人選につきましてのご質問に対しましては、個々の死刑執行の判断、それに関わる事柄でございまして、お答えにつきましては差し控えさせていただきたいというふうに思っております。

【中継録画】オウム松本死刑囚らの刑執行 上川法務相が記者会見