気象庁の会見

動画をもっと見る

 西日本を中心に降り続ける大雨に関して、気象庁は6日、福岡県、佐賀県、長崎県に特別警報を発表した。同庁は午後6時10分から記者会見し、警戒を呼びかける。

[画像]気象庁が7日午後5時10分に発表した特別警報の範囲(気象庁サイトより)

 同庁の7日午後5時10分の発表によると、福岡県では福岡、北九州、筑豊地方、筑後北部に、佐賀県はほぼ全域に、長崎県は北部、長崎地区、諫早・大村地区、西彼杵半島に特別警報を出した。「土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に最大級の警戒をしてください」としている。

※THE PAGEではこの会見の模様をライブ配信します。