海外メディアはフランスがベルギーに勝ち優勝すると予想。フランスのカギを握るのが背番号10を背負う19歳のエムバペだ(写真・ロイター/アフロ)

いよいよワールドカップ・ロシア大会もクライマックスを迎える。ベスト4が出そろい本日10日、日本時間深夜の3時からフランス対ベルギー、明日同時刻にクロアチア対イングランド戦が行われる。では、どの国が頂点を極めることになるのか?

 欧州をカバーしているスカイスポーツでは、アーセナルでFWとして活躍した解説者のチャーリー・ニコラス氏による準決勝の予想記事を掲載。ニコラス氏は、フランス、イングランドが、それぞれ勝ち上がり決勝は「フランス対イングランド」になると予想した。

  ニコラス氏は、「フランス対ベルギー」について、「これは好カードだ。決勝では何が起こるかわからないが、この準決勝の勝者は、イングランド対クロアチアよりも優れたチームだと思う」と評した。

 また「この2チームは今大会でも最高のチームと見られてきた。どちらが勝つかを予想するのは難しいが、両チームともに攻撃的なサッカーで勝負するので延長戦にはならないと見ている。チームに差をつけるとすれば、フランスのキリアン・エムバペになるだろう。私は、彼が今現在、若手では世界最高のサッカー選手だと考える。リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドというスターがキャリアの終焉に向かう中、彼は、次のスーパースターになるはずだ。今回は彼が輝くときだ」と、ここまで3得点を挙げている19歳のスピード抜群のFWエムバペを絶賛。フランスの3-2のスコアでの勝利を予想した。

もう一方の「クロアチア対イングランド」については「イングランドは準々決勝で敗退すると見ていたが、恵まれた対戦カードに助けられた。この試合も奪いワールドカップ決勝に進むと思う」とイングランド勝利を予想。「スコットランド人の私としては、このイングランドの躍進を見るのはとても辛い。彼らは大会で最高のチームだろうか。いや違う。だが、彼らについて批判的なものはなく、ワールドカップで優勝するチャンスはあるだろう」と続けた。

また「クロアチアの選手の多くは延長戦からPK戦となったロシアとの厳しい準々決勝で足にきていた。そのクロアチア選手たちの疲労度を考えると、イングランドがわずかに有利だ。ジョーダン・ヘンダーソンは、イングランドが求める組織において重要な存在で、もし彼が好調であれば大きな力になるだろう。彼はエリック・ダイアーよりもパスが良く、速く流れるようなパスを求めるイングランド攻撃陣のラヒーム・スターリングやデレ・アリを最大限に生かし、サイドの流動性を保つことができる。もし彼らがそのようにプレーできれば、クロアチアの手には負えないと考える」と試合の行方を分析した。

イングランドの中盤を支えるジョーダン・ヘンダーソンは、スウェーデン戦で途中交代、怪我の回復具合が心配されている。

その上で「スターリングが彼の力を証明し、ゴールを決める試合になるかもしれない。彼への批判は、ばかばかしいものだ。確かに彼は何度もチャンスを逃している。チャンスを逃していない選手はだれか。彼のようにブーイングや批判を受けていない選手たちだ。彼はイングランドの英雄になることができる」と、まだ無得点のFWスターリングの覚醒を予想。イングランドの2-1での勝利を予想している。