日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第12回

開幕式を待ちながら電話をしている相撲の力士=シリンゴル盟・ジューグンウジュムチン・ホショー(2012年7月撮影)

 モンゴルの祭りといえば、ナーダムだ。モンゴル国では毎年7月11日の革命記念日に行われるナーダムは国家主催となっていて、世界中から観光客が押し寄せる一大イベントだ。

 内モンゴルではモンゴル国のように決まった日程で行われるナーダムはほとんどなく、毎年各地によって実施日が異なる。ただ、7月から8月の短い期間に行われることが基本だ。

 2012年、ジューン・ウジュームチン・ホショーで開かれたナーダムを撮影した。

 今回は各地から「ジャンガー」を持つ優秀な相撲の力士たちが集まってきた。

 「ジャンガー」とは、黒以外の五色の帯状の絹(ハダッグ)を束ねて作った首飾りである。これは誰でも持っているわけではない。何度か優勝した選手や良い成績を収めた選手が着けることができる。

 近年、ナーダムが頻繁に開催されるようになり、相撲の賞金も大金になってきた。昔はラクダ、馬、牛、羊などの家畜であったり、絨毯、魔法瓶、鍋など生活用品などが商品として送られていたが、最近は高額な賞金が一般的になった。高級車が送られる場合もある。

 それらは一般的な遊牧民の年収の何倍にも相当する。相撲大会自体も年中、数多く行われるようになった。

 「ナーダムはモンゴルの伝統文化である。しかし、モンゴルの伝統文化はナーダムだけではない」

 大先輩である著名な作家が、私にこのように話しかけてきたことをはっきり覚えている。現在、ナーダムや相撲などを観光やスポーツイベントとして、派手に宣伝し、本来の役割や性格から逸脱していると言える。
(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第12回」の一部を抜粋しました。

内モンゴル自治区の地図


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。