日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第12回

アイルグを売る民族衣装を着た女性=シリンゴル盟・ジューグンウジュムチン・ホショー(2012年7月撮影)

 モンゴルの祭りといえば、ナーダムだ。モンゴル国では毎年7月11日の革命記念日に行われるナーダムは国家主催となっていて、世界中から観光客が押し寄せる一大イベントだ。

 内モンゴルではモンゴル国のように決まった日程で行われるナーダムはほとんどなく、毎年各地によって実施日が異なる。ただ、7月から8月の短い期間に行われることが基本だ。

 2012年、ジューン・ウジュームチン・ホショーで開かれたナーダムを撮影した。

 ナーダムの撮影中に、アイルグを売っている中年女性と出会った。アイルグというのは牛乳を醗酵させた飲み物で、ヨーグルトに似ている。

 遊牧民の伝統的な価値観では、金儲けすることは人をだます行為であり、とても恥ずかしいことだと考えられていて、商売をすることに抵抗感があった。しかし、70年代から経済が発展し、都市化が進むに伴い、都市に住む人々や教育をある程度受けた新しい価値観を持つ人々が商売をするようになってきた。

 干ばつや雪災害などで家畜を失った人々や、あまり牧草地を持っていない人々が都市部に流れ、商売で生活を営むことも珍しいことではなくなった。

 しかし、ここで民族衣装を着て、モンゴルの伝統的な飲み物(アイルグ)を売っている姿は何か不思議な感じがした。彼女からアイルグをもらい、飲んでみた。美味しかった。

 新しい時代において、遊牧民も自分たちの乳製品を商品化し、販売し、経済活動を行い、たくましく生きていく姿が何よりも嬉しく、感動した。(つづく)

※この記事はTHE PAGEの写真家・アラタンホヤガさんの「【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第12回」の一部を抜粋しました。

内モンゴル自治区の地図


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。