ステージイベント終了後にTBSストア赤坂店でニューシングル『いきなりパンチライン』のCDお渡し会も行った「SKE48」の須田亜香里、高柳明音、大場美奈

 アイドルグループ「SKE48」の須田亜香里、高柳明音、大場美奈が14日、東京・赤坂サカスで開催されている「TBS夏サカス2018 デジタル&グルメパーク」のオープニングイベントに出演した。

 「TBS夏サカス」は今年で11回目を数える毎年夏の恒例のイベント。
 屋外ステージに姿を現した3人は、先にステージに登場していたTBS新人アナウンサーで結成された「夏サカス隊」とグルメブースで提供されるメニューで即興食レポ対決を行うことに。

 高柳は、マンゴー味のかき氷の食レポに挑戦し、「暑い中でこれを食べられるのは幸せ!」とアピール。

 さらに、「歌いたくなっちゃったな」と「SKE48」が昨夏にリリースした『意外にマンゴー』を即興で熱唱するも、大場から「これじゃ食レポじゃねえじぇねーか!」とツッコミを受け、会場の笑いを誘った。

 ステージイベント終了後には、今月4日にリリースされた最新シングル『いきなりパンチライン』のCDお渡し会をTBSストア赤坂店で実施し、多くのファンとの交流を楽しんだ。

 高柳は、「TBSさんとは『SKE48 ZERO POSITION 〜チームスパルタ!能力別アンダーバトル〜』でレギュラーを務めさせて頂いていますが、『SKE48』が10周年を迎えるのと同じ、この『夏サカス』も10周年を迎えるということで、さらに親近感を覚え、こうやってイベントに呼んで頂けたことがとてもうれしいです」と感謝。

 続けて、「今日からはじまった夏サカスにぜひみなさんも足を運んで頂きたいですし、『SKE48』はまた夏サカスのステージにお邪魔する予定もあります。『SKE48』はまだまだ熱い夏を盛り上げていきます!」と意気込んだ。

 なお、「TBS夏サカス2018」では8月8日にも「SKE48」の出演が決定しており、6期生が初のイベントステージに挑むという。