ギリシャのミケーネ遺跡で発掘された黄金マスク(写真:アフロ)

 アムステルダムでインディゴ藍の取引に成功し、商人としても投資家としても大成功を収めたハインリヒ・シュリーマンには弟ルドウィヒがいました。ルドウィッヒは兄とはまた違った方法で、短期間で大金を手にします。しかし、ゴールドラッシュに沸くアメリカの大地に一攫千金を夢見て、黄金を手中に入れたものの不慮の死を遂げてしまいます。そのときハインリヒは?

 市場に賭け、黄金を求めた前半生。そして大金を手に、後半生は遺跡に命を燃やしたシュリーマンのロマンあふれる生き様を市場経済研究所の鍋島高明さんが解説します。

【連載】投資家の美学