松本・地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の事件で、法務省は26日、死刑が確定していた教団元幹部6人の死刑を執行したと発表した。今月6日には元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚ら7人の執行がなされており、これで死刑確定の13人全員の死刑が執行をしたことになる。

【中継録画】オウム元幹部6人の死刑執行 上川法相が記者会見

[画像]会見する上川法相

 26日に執行された元幹部は、岡崎(宮前に改姓)一明(57)=名古屋拘置所=、横山真人(54)=同=、端本悟(51)=東京拘置所=、林(小池に改姓)泰男(60)=仙台拘置支所、豊田亨(50)=東京拘置所=、広瀬健一(54)=同=の6死刑囚。

 上川陽子法相は同日午前、法務省で記者会見を開き、オウムの一連の事件について「過去に例を見ない、今後二度と起きてはならない、極めて凶悪重大なもの。特にサリンという化学兵器まで用いられ、一般市民を対象とした無差別テロが行われたことは、世界にも衝撃を与えた」と述べ、執行にあたっては「慎重な上にも慎重な検討を重ねた」とした。

 今月6日には、松本元死刑囚のほか、早川紀代秀(68)=福岡拘置所=、井上嘉浩(48)=大阪拘置所=、新実智光(54)=同=、土谷正実(53)=東京拘置所=、中川智正(55)=広島拘置所=、遠藤誠一(58)=東京拘置所=の計7人の教団元幹部の死刑が執行されている。

 同省が死刑執行の事実を公表するようになった1998年11月以降、1か月の間に執行を2回行うのは初めて。

 上川法相が執行を命令したのは、第3次安倍内閣(2014年12月~15年10月)での法相在任も含めて計16人になる。