[写真]日本代表と五輪代表監督を兼任することになった森保氏(森田直樹/アフロスポーツ)

 日本サッカー協会は26日、次の日本代表監督に森保一(もりやす・はじめ)氏の就任を決めた。森保氏は2020年東京五輪を目指すU21代表監督でもあり、A代表と兼任する。同日夕、東京都内で記者会見を開き、「この2つの代表をやっていくには覚悟が必要。日本代表の勝利のために、そして、世代交代、年代間の融合を図るというところ、日本のサッカー界全体の発展につながるように、自分のすべてを出す」と意気込みを語った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【会見動画】日本代表の新監督に森保氏 五輪と兼任『年代間の融合図る』」に対応しております。

【写真】日本代表の新監督に森保氏(全文3完) 「ベテラン選手招集しない」ではない

いろんなカテゴリーの活動を見させていただいた

 私は少年時代から、そして今日、こうやって日本代表の監督に就任させていただくところまで、本当に多くの指導者や関係者の方々、いろんな方に指導していただき、教育していただきました。少年時代に指導・教育していただいた方々、そして、まだ、私が高校を卒業して、広島に出てサッカー選手を目指そうというときは、日本のサッカー界はアマチュアの日本リーグでした。そこからJリーグができて、プロという夢を見させていただいて、日本代表としてもプレーをさせていただき、その後、Jリーグで監督をさせていただき、その経験があったからこそ、今のこの場所にいられるというふうに思っております。感謝したいと思います。

 そして、私は現役を引退してからサンフレッチェ広島の育成部の巡回コーチをしながら、日本サッカー協会でもトレセンコーチとして活動させていただきました。その経験は今の私に非常に大きな経験となりました。それは何かと言いますと、ます、先ほど会長もおっしゃっていましたが、いろんなカテゴリーの活動を見させていただきました。地方もあって、グラスルーツのところから指導者の方々が、しかもプロでお金をもらってサッカーを教えている方々はほんのごくわずかな方々で、大勢の方々は仕事もあり、そして家庭もあり、そして自チームの選手を見て、そしてトレセン活動や選抜活動をしていくということ、本当にボランティアの精神で、自己犠牲を払って選手を育ててくれているということ。そういう活動をクラブでも、日本サッカー協会でも見させていただきました。

 そういう方々の努力があって選手が育ち、私が今、仕事をさせていただいている日本代表や、東京オリンピックの代表のところへ選手を送り込んでいただいているということ。全ての指導者の努力があって、そして環境を整えてくださる方々の努力があって、われわれは素晴らしい選手たちを見ることができる、日本を代表して戦うことができるということ、そこを忘れてはいけないというふうに思います。そして、そういう方々の気持ちを背負っていつも戦うんだということ、そこは常に肝に銘じて戦ってまいりたいというふうに思います。