[写真]日本代表と五輪代表監督を兼任することになった森保氏(森田直樹/アフロスポーツ)

 日本サッカー協会は26日、次の日本代表監督に森保一(もりやす・はじめ)氏の就任を決めた。森保氏は2020年東京五輪を目指すU21代表監督でもあり、A代表と兼任する。同日夕、東京都内で記者会見を開き、「この2つの代表をやっていくには覚悟が必要。日本代表の勝利のために、そして、世代交代、年代間の融合を図るというところ、日本のサッカー界全体の発展につながるように、自分のすべてを出す」と意気込みを語った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【会見動画】日本代表の新監督に森保氏 五輪と兼任『年代間の融合図る』」に対応しております。

【写真】日本代表・森保新監督が抱える五輪監督兼任という難題

年代間の融合とは具体的にどんなイメージ?

読売新聞:読売新聞、【アオヤギ 00:36:54】です。森保監督にまず1点お伺いしたいのと、田嶋会長にも幾つかお伺いしたいんですが、まず森保監督に、年代間の融合という辺りを世代交代の鍵の表現としてされてますけど、もう少し具体的にどういうイメージなのかというのを教えていただきたいというのがまず1点です。

 あと、田嶋会長にお伺いしたいのは、監督選考の選出の基準というか考え方、今までお話しいただきましたけども、その話を総合しますと、ほかに監督候補として考えてらっしゃった方はいらっしゃらないということでいいのかどうかということと、あと、兼任という形になりますけど、その兼任を支えていくサポートの在り方として、何か今までの枠組と違う支え方を組織的に考えてらっしゃるかどうかっていうのを教えていただけますか。

森保:私からでいいですか。世代交代と年代間の融合ということで質問されましたが、世代交代は必ず必要になってくるというふうに思っております。ただ、でも、ベテランの選手を招集しない、若い選手を経験させるという意味で入れ替えるのではなく、やはり経験を積んだベテランの選手たちが持っているものを次の、経験の浅い選手たちに伝えてもらうということをA代表でもして、そして、オリンピックでもA代表に、オリンピック代表の選手もA代表のほうに行く選手もいて、招集できる選手が新たにオリンピック代表のほうも出てくると思います。

 そうなると今度は、また下の年代から、東京オリンピックの年代のほうに引き上げて融合するということ、今回はA代表と東京オリンピック代表のことだけ話をさせていただいていますが、A代表と東京オリンピック代表、そして東京オリンピック代表とその下のカテゴリの代表、下のカテゴリの代表も、年代の代表がちょっとずつ融合できるようになるのではないのかなと思って、年代間の融合というふうにお話しさせていただきました。説明がちょっと伝わらないかもしれないですけど、以上です。