[画像]JAXA東京事務所で帰国会見する金井飛行士

 国際宇宙ステーション(ISS)での約5か月半にわたる長期滞在を終えた宇宙飛行士の金井宣茂(のりしげ)さんが30日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)東京事務所で帰国会見を行った。

 金井さんは、昨年12月にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地からロシアのソユーズロケットで宇宙へ旅立ち、ISSに168日間滞在。6月3日(日本時間)夜に、ソユーズ宇宙船でカザフスタンの草原地帯に着陸し、無事帰還した。その後、リハビリを終え一時帰国。今回の会見では、長期滞在ミッションなどについて説明した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】ISSで長期滞在ミッション 金井飛行士が帰国会見」に対応しております。

     ◇     ◇

ニッポン放送:ニッポン放送畑中と申します。金井さんは同期の油井さんや大西さんはパイロット出身ということで、フライト前はパイロット出身のようなそういった操縦の面でずいぶんハンディキャップを感じられてたこともあったかのように聞いておりますけれども、逆に宇宙のフライトをしてからお医者さん出身であって良かったなと思ったこともあったんではないかというふうにお察しします。その辺のところ教えてください。

金井:ありがとうございます。宇宙飛行士の訓練ってやはり宇宙船の運航であるとか安全なオペレーションをするための訓練が主なので、やはりパイロットのセンスがあるパイロット出身の宇宙飛行士に比べるといろいろと難しいなと感じること多くあったんですけれども、

【中継録画】ISSで長期滞在ミッション 金井飛行士が帰国会見