日銀・黒田総裁会見

 日銀の黒田東彦総裁が、金融政策決定会合後の31日午後3時半から記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】日銀・黒田総裁が決定会合後に記者会見(2018年7月31日)」に対応しております。

     ◇     ◇

テレビ朝日:はい。

黒田:はい、どうぞ。

テレビ朝日:テレビ朝日の【マツモト 00:15:52】といいます。2点お伺いいたします。まず1点お聞きしたいんですけれども、先ほど物価2%の達成時期の質問もありましたが、徐々に2%には向かっていくということですけれども、具体的な達成時期は分からないということでしょうか。

黒田:これは先ほど申し上げたように、あくまでも政策委員の見通しの中央値でお示ししているところですけれども、2019年度でプラス1.5と、2020年度でプラス1.6ということですので、従来の政策委員の中央値が示していた、2019年度ころに2%になるっていう見通しは後ずれしているということは事実ですけども、具体的にいつ2%になるかっていうことは前回以降、他の中央銀行と同様に、具体的なカレンダーを示すということはしておりませんけれども、この展望レポートの記述と政策委員の見通しの中央値で推し量っていただければというふうに思います。

【中継録画】日銀・黒田総裁が決定会合後に記者会見(2018年7月31日)