日大アメフト部リーグ戦復帰は? 関東学連が会見

 関東学生アメリカンフットボール連盟は31日夕、臨時理事会を開き、終了後に記者会見をした。

 日本大学アメフト部の悪質タックル問題で、同学連は5月末に日大に対して2018年度シーズン公式戦の出場資格停止などの処分を決定した。ただし、チームとして原因究明と実効性ある再発防止策を行い、抜本的なチーム・組織改革を断行して、それを連盟の検証委員会で確認し、理事会が承認すれば、処分は解除されるともしていた。

 日大側は学連にチーム改善報告書を提出しており、この日の臨時理事会では、日大の処分を解除するかどうかを判断した。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】日大アメフト部のリーグ戦復帰は? 関東学連が会見 」に対応しております。

     ◇     ◇
寺田:皆さん、こんばんは。委員の寺田でございます。今、委員長のほうから検証委員会としての、何をしてきたかということと、あとその検証結果、答申の結果の部分についてご説明させていただきました。私のほうからはもう少し中身に立ち入って、全部を読み上げるわけにはいきませんけれども、ご説明させていただきたいと思います。皆さま、お手元にあると思いますので、適宜見ながらお願いいたします。

 まず答申の1ページ目は、これは検証委員会について簡単に説明してございます。すでに学連の森本委員長および川原検証委員会委員長から説明がありましたけれども、そもそも、私ども検証委員会は5月29日に日大フェニックスに対して出した処分、1年間の公式試合出場資格停止なんですけども、それを解除できるかどうかという条件について検討してまいりました。その解除の条件が1ページに書いてあります。簡単に申し上げると、一番下の3行にまとめてあることであって、項目1、チームとしての原因究明ができているかどうか。項目2、その原因究明を踏まえて実効性ある再発防止策を策定、実施できているかどうか。そして項目3、抜本的なチーム改革、組織改革の断行ができているかどうか。この3点について検証してまいりました。

【中継録画】日大アメフト部のリーグ戦復帰は? 関東学連が会見