はやぶさ2のリュウグウ観測状況を報告

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日午後3時から、6月末に小惑星「Ryugu」(リュウグウ)に到着した小惑星探査機「はやぶさ2」の現状とリュウグウの観測状況について記者会見した。

  ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】「はやぶさ2」のリュウグウ観測状況を報告 JAXAが会見」に対応しております。

     ◇     ◇
毎日新聞:毎日新聞の【ナガヤマ 00:44:10】です。北里先生に重ねての質問になって恐縮ですが、水の枯渇状況というのは、今日示していただいてる、アエンデ隕石はまだ水があるほうであって、それよりもないので、私たち地球ではまだ手に入っていないレベルの【テンサイ 00:44:34】ではないかということになるんですか。

北里:はい。水の量としてはアエンデ隕石とほぼ同じぐらいだと考えております。ただし、アエンデ隕石は比較的反射率が高いんですね、10%で。それと比べてリュウグウは2%程度とかなり反射率低いので、アエンデ隕石と同じような物質ではないだろうというふうに考えてます。

【中継録画】「はやぶさ2」のリュウグウ観測状況を報告 JAXAが会見