「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任し、初代の川野夏美から特大の金のビッグマイクを手渡された岩佐美咲

 元「AKB48」で演歌歌手の岩佐美咲が2日、都内で行われた「『DAM CHANNEL 演歌』一周年記念公開収録」の中でのナビゲーター交代式に出席した。

 「DAM CHANNEL 演歌」は第一興商が運営する通信カラオケ「DAM」のカラオケがリクエストされていない曲間に放映されているエンターテインメント情報コンテンツ「DAM CHANNEL」の演歌版。
 新曲の紹介を中心にトークや歌唱コーナーで構成されている。

 岩佐は、今年10月から来年9月まで2代目ナビゲーターを務めることになり、この日は初代ナビゲーターを担当していた演歌歌手・川野夏美から特大の金のビッグマイクを手渡された。
 
 岩佐は、「『DAM CHANNEL 演歌』の2代目ナビゲーターの岩佐美咲です。(今日は)ナビゲーターとして初めての収録をさせて頂いていますが、みなさん、お気づきのとおり、かなり緊張しています。お客さまにも助けて頂きながら、みなさんに楽しんで頂けるように精いっぱい私なりに務めさせて頂きたいなと思っていますので、ぜひ応援よろしくお願いします」と、客席に向かって笑顔であいさつした。

 その後、自身の最新シングル曲の『佐渡の鬼太鼓』を披露。
 さらに、川野とともに「ピンク・レディー」の『ペッパー警部』をデュエットして会場を盛り上げた。