[写真]会見する平田座長

 10月に開場する豊洲市場(東京都江東区)の土壌汚染対策を検討してきた東京都の専門家会議は30日、同市場で記者会見を開き、都が行った土壌汚染の追加対策工事について、「工事によって安全性が確保された」と評価した。小池百合子都知事には同日午前、評価結果を伝えたという。会見は報道陣との質疑も合わせて3時間以上に及んだ。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】豊洲市場の追加工事の有効性は? 都の専門家会議が記者会見」に対応しております。

     ◇     ◇

日刊ゲンダイ:お願いします。日刊ゲンダイの【イマイズミ 02:09:09】と申します。これ、なんて言う、結果って言えばいいんでしょうかね。

中島:はい?

日刊ゲンダイ:今回のこの一連のこれ。専門家会議の、評価? 結果?

中島:確認と言っていただいたほうがいいと思います。あくまで東京都のほうで得られたものを確認した。

日刊ゲンダイ:分かりました。じゃあその確認をまとめるに当たってなんですけども、この確認の中でも、地下水管理システムの【管理評価 02:09:35】について、地下ピット床面コンクリートまで【**** 02:09:39】揚水により地下水位が【移動 02:09:40】することがなくっていうふうに結論付けていますけど、お2人、平田座長も中島フェローも、どちらか一方でも構わないんですけど、この確認をまとめる前に地下ピットをのぞいたんですか。のぞいたんであればいつごろですか。追加対策工事が行われたあと。

中島:追加対策工事後につきましては、途中ちょっと工事の過程で専門家会議の委員が見ております。最終的に工事完了後の確認につきましては、これは7月の7日と17日でしたか、ちょっと先生方が、7日の日がいろいろ台風があって、実は平田先生が足がなくなりまして、ほかの方が集まって1回議論したときは、他の先生と私、見ております。

【写真】豊洲追加工事で専門家会議会見(全文5完)安全は心の問題。データ出し続ける