東京医大入試不正で内部調査委が会見

 文部科学省の私立大学支援事業をめぐり、東京医科大学が前局長の息子を不正に合格させたとされる問題で、同大と内部調査委員会が7日午後、それぞれ都内で記者会見し、内部調査の結果とそれを受けた大学の対応について説明した。

 午後2時からの内部調査委の会見には、委員長の中井憲治弁護士、植松祐二弁護士、伊藤英之弁護士が出席。午後5時からの大学側の会見には、同大の行岡哲男常務理事、富澤啓介学長職務代理、田辺総合法律事務所の鈴木翼弁護士がそれぞれ出席する。

 報道によると、同大の入試では、女子受験者や3浪以上の男子受験者を不利にする得点操作がなされていたとも報じられていた。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京医大の入試不正 内部調査委と大学側がそれぞれ会見」に対応しております。

     ◇     ◇

司会:じゃあ1つ後ろの列の方、どうぞ。

毎日新聞:毎日新聞の記者の片平と申します。すいません、さっきの謝礼のところって、しつこく聞いて大変申し訳ないんですけれども、役員の方が受け取ったという供述というか、ヒアリングにお答えをされているという捉え方でいいんでしょうか、こちらの捉え方として。ヒアリングに対して大学の関係者の方が受け取ったということを言っているという、そういうような端緒っていう捉え方でいいんでしょうか。それとも送りましたっていうことをおっしゃっているっていうことはどっちの反面なんですか。

中井:そのとおりです。

【中継予定】東京医大の入試不正 内部調査委と大学側がそれぞれ会見