三井住友銀行は、東京・汐留の商業施設「汐留シティセンター」内に、現金をまったく扱わない新コンセプトの出張所を開設した。7月30日から営業を開始した「汐留出張所」で、「完全予約制で、現金を扱わない、個人向けサービス」の提供が売りだ。口座開設や振り込み、住所変更手続き、資産運用相談などのサービスが受けられる。

タブレットの受付

 従来、銀行の店舗イメージは、「長く待たされる」「行くのが面倒くさい」「相談しても商品を押し売りされそう」といったネガティブなイメージが多かった。特に、仕事で忙しいビジネスパーソンにとっては使い勝手が悪く、よほど切迫した用事でもない限り、なかなか足を向けるきっかけがつかめない場所でもあった。

 実際のところ、多くのビジネスパーソンの本音は、ネットでできることはネットでやり、どうしても店舗でやらないといけない手続きは会社帰りなどに簡単にすませたい。ただ、自分のマネー戦略などは時間ができたら学んでみてもいい──といったところだろう。

デビットカードで一日1杯フリードリンクが飲める

 こうしたニーズを受けて汐留出張所は、従来の銀行店舗のイメージから脱し、現役世代のニーズに応える場所を目指している。具体的に他の店舗と異なる点は大きく4つある。

(1)多忙な勤労者に合わせ、営業時間を11時30分から19時までとした。

(2)完全予約制で「待たない銀行」を実現した。

 利用者は事前にネット予約か、もしくは当日来店してタブレットで予約する。デジタルバンキングに注力し、いわゆる窓口がなく、キャッシュレス化、ペーパレス化を実現した。これにより、店舗に必要な人数も常時5人の行員で対応でき、同規模の他店舗で必要な約20人と比べて省力化も可能になった。住所変更や振り込みなどの簡単な手続きはタブレットで行い、使い方を行員がサポートする。さらに資産運用の相談は専用スタッフによるコンサルティングが受けられ、2部屋あるコンサルタントルームのプライベート空間で相談できる。