東京医大入試不正で内部調査委が会見

 文部科学省の私立大学支援事業をめぐり、東京医科大学が前局長の息子を不正に合格させたとされる問題で、同大と内部調査委員会が7日午後、それぞれ都内で記者会見し、内部調査の結果とそれを受けた大学の対応について説明した。

 午後2時からの内部調査委の会見には、委員長の中井憲治弁護士、植松祐二弁護士、伊藤英之弁護士が出席。午後5時からの大学側の会見には、同大の行岡哲男常務理事、富澤啓介学長職務代理、田辺総合法律事務所の鈴木翼弁護士がそれぞれ出席する。

 報道によると、同大の入試では、女子受験者や3浪以上の男子受験者を不利にする得点操作がなされていたとも報じられていた。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京医大の入試不正 内部調査委と大学側がそれぞれ会見」に対応しております。

【中継録画】東京医大の入試不正 内部調査委と大学側がそれぞれ会見

登壇者の紹介

司会:それでは定刻になりましたのでそろそろ始めたいと思います。これより学校法人東京医科大学の内部調査委員会の記者会見を開始いたします。私は当委員会において調査を担当いたしました弁護士の伊藤と申します。本日の司会進行をさせていただきますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。

 まずは登壇者のご紹介をさせていただきます。皆さまから見て向かって右側が当委員会の委員長を務めました弁護士の中井憲治でございます。その隣が当委員会において調査総括を務めました弁護士の植松祐二でございます。本日の進行ですけれども、まず中井より調査報告の概要をご説明したあと、皆さまからのご質問をお受けしたいというふうに考えております。それでは中井よりご説明を申し上げます。よろしくお願いします。

調査結果の説明

中井:皆さんこんにちは。ただ今ご紹介にあずかりました中井でございます。本日は足元お悪い中ご参集いただきまして誠にありがとうございました。それでは調査結果についてご説明いたしたいと思います。この記者会見でありますけれども、私ども内部調査委員会が東京医大との特約に基づきまして、第三者委員会と同様に別途実施するものであります。なお、この会見終了後、午後5時ころから本学の執行部が記者会見を行う予定だと承知しているところであります。お手元に公表版調査報告書というのがあると思いますので、これからページ数を申し上げますので、それに従ってその部分をめくりながら私の話を聞いていただければありがたいと思います。最初に4ページから5ページをお開きください。

 この調査の経緯でありますけれども、7月4日です。地検特捜部が受託収賄等で文科省の局長らを逮捕した際に、関係者氏名不詳と、そういう形で在宅のまま贈賄者と目されたというのが、これが発端であります。翌5日でありますけれども、理事会は報道等に鑑みまして内部調査委員会設置等を執行部に権限を与えました。で、翌6日であります。本学の理事長と学長の両氏が辞任いたしました。これを受けまして執行部は記者会見で広範なステークホルダー諸賢に謝罪いたしますとともに、丸の内にありますところの私ども田辺総合法律事務所所属弁護士からなる内部調査委員会が中立公正な立場、これで調査した結果を適正な範囲で公表するということを約しました。

 中立公正な立場について若干敷衍いたしますと、私どもにはこの報告書を起案する権限が与えられております。要するにクライアントはその内容に加筆、訂正ができないという前提であります。で、加えて私ども、多数の弁護士を有しておりますけれども顧問弁護士、すなわち本学の顧問弁護士の仕事をしているものは、この調査委員会の中には入らないという形での障壁を設けました。そこで本委員会でありますけれども調査が実は格別の緊急性、必要性がございました。そのため特捜部の強制捜査と並行するという大変異例な形での調査手法を選択せざるを得なかったわけであります。

 種々、困難な情勢下調査をいたしまして、7月24日公判請求、両氏は在宅起訴となりました。で、この際敷衍いたしますと、本調査委員会のヒアリングで両氏は非を認めて謝罪しております。そのような経緯を経まして調査開始31日後の昨日、8月6日でありますが理事会におきまして私が調査結果を最終報告したというのが今までの経緯であります。

 本調査委員会、当初は少ない人数で実はスタートしたわけでありますが、最終的には委員3名、それから調査担当弁護士、調査総括であるところの植松弁護士、で、今、司会をやっております伊藤弁護士ら10人と。

 で、これらの中には女子弁護士が3人入っております。時短で勤務している女性弁護士にも入っていただきました。そのような構成で始まった委員会ですけれども、委員につきましてご紹介いたしますと、私は法務・検察、検事の出身であります。残りの2名でありますけれども、原田元東京高裁部総括、刑事裁判官のご出身であります。それからもうひと方は福田前高裁長官、こちらは民事裁判官出身です。以上のような構成で調査を進めました。

 この中間報告によりますと、次に9ページから事実の概要と、前提事実という項目があります。東京医大の組織がどうであるとか、役員がどうであるとか、ブランディング事業とはなんだとかというようなことが縷々書いておりますけれども、この点は時間の関係上割愛させていただきます。必要に応じてこれらの部分を見ていただきたいと思います。

 続きまして16ページ。報告書の16ページをお開けください。これから次の17ページ、1ページ飛ばしまして19ページから24ページまでを適宜見ていただきながら私の話を聞いていただければと思います。内容は調査のスコープとその結果、結論についてであります。