動画をもっと見る

 助成金の流用などで告発されている日本ボクシング連盟は7日、臨時理事会を開いた。理事会の終了後、報道陣の取材に応じた山根明会長は、自身の進退について一任されたと説明。「あす(8日)男としてのけじめの話をする。きょうは時間をください」と述べ、8日正午に自身の進退について表明すると明らかにした。

[写真]臨時理事会の後、報道陣の取材に応じる山根会長=7日夜、大阪市内で(撮影:北代靖典、岡村雅之)

 「帰って家族と周りの友人関係にも相談して、自分の進退はどうするか(決める)」と語り、結論については「決めていない」「最後にどうなるか分からない」とした。