臨時理事会後に囲み取材に応じた山根会長は8日午後12時に進退を表明する

 クリンチで逃れようとしたわけでもあるまい。助成金流用の告発や不正判定疑惑、さらに自身の”黒い交際”が問題になっている日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が7日、大阪市内で開かれた緊急理事会後に取材に応じ、きょう8日正午をもって、自らの進退を明らかにすることを示唆した。

 ここまでの威勢のよさはどこへ行ったのか。ピンクのポロシャツに上下白のジャージー姿でカメラの前に立った山根会長は一連の騒動が起こって以降も一貫して「辞めるつもりなどない」と強弁してきた態度とは一変。コーナーに追い詰められたボクサーのようにおろおろしていた。

「進退は”会長一任”ということになった。あす、私の人生をかけてものを言う。山根会長が男のけじめを話す」と”山根節”を繰り出し、懸命に威厳を保とうとしたものの、さすがに心は折れていた。

「家族や友人と相談して自分の進退を決める。きょうはちょっと時間をください」と弱腰な面ものぞかせ、「終身」までつく会長職を辞する考えをほのめかした。
 この日の緊急理事会は岐阜で行われていた高校総体を終えた役員の到着を待ち、午後4時すぎにスタート。

 延々3時間半のロングランとなった。ここで明らかに”潮目”が変わったようだ。
 理事会前には自宅で、夜とは違った上下黒のジャージー姿で取材に応じ、「辞めない」と改めて辞任を否定していたが「THE PAGE」の既報通り、理事会ではこれまで山根会長を支えてきた吉森照夫会長代行を筆頭に約20人の理事が一連の問題の責任を取る形で辞任し、それと同時に山根会長の退任を迫ったとみられる。密室で行われ、出席した理事もかたくなに口を閉ざしたため、内容は不透明ながら側近から辞任を促され、親分も決断に至ったようだ。
 
 山根会長によれば「理事会ではいろいろな意見があった」と言い「会長代行、専務理事、総務委員長、常務理事、各理事の意見を頂戴した。理事が会長を辞めさせることはない。会長をこれ以上、傷つけてはならんと心配をしているだけのこと。会長を引くべきという話は出ていない。中には会長は悪くないという意見、私の健康を心配してくれる人もいて、胸を打たれた」と時折、声を震わせた。