入試不正、東京医科大の常務理事らが会見

 文部科学省の私立大学支援事業をめぐり、東京医科大学が前局長の息子を不正に合格させたとされる問題で、同大と内部調査委員会が7日午後、それぞれ都内で記者会見し、内部調査の結果とそれを受けた大学の対応について説明した。

 午後2時からの内部調査委の会見には、委員長の中井憲治弁護士、植松祐二弁護士、伊藤英之弁護士が出席。午後5時からの大学側の会見には、同大の行岡哲男常務理事、富澤啓介学長職務代理、田辺総合法律事務所の鈴木翼弁護士がそれぞれ出席した。

 報道によると、同大の入試では、女子受験者や3浪以上の男子受験者を不利にする得点操作がなされていたとも報じられている。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京医大の入試不正 内部調査委と大学側がそれぞれ会見」に対応しております。

     ◇     ◇

読売新聞:読売新聞、【タナカ 01:22:37】と申します。今回の不正についてなんですけれども、臼井理事長は、女性の操作に関してはアクティビティのところをおっしゃってる、裏口入学の部分は大学に寄付金が集まるようにというふうにおっしゃってるんですけれども、この2つの不正については、大学のためにやられたものなのか、臼井理事長、個人的なことでやられたのかっていうところは、ご認識としてはいかがでしょうか。

行岡:大学のためにやったということはあり得ない、寄付金を集めるということの文脈でのコメントかと思いますが、それが大学のためになるとは私は思いません。臼井氏がどのように考えて、そういう行動をされたのか、ちょっと私は、私から意見を差し挟むのは良くないかなと思います。

【中継録画】東京医大の入試不正 内部調査委と大学側がそれぞれ会見