[写真]会見する「日本ボクシングを再興する会」メンバー。左から鶴木氏、仁多見氏、菊池氏

 日本ボクシング連盟をめぐる助成金の流用などの問題を告発した「日本ボクシングを再興する会」(代表者・鶴木良夫新潟県ボクシング連盟理事長)が8日、東京都内で記者会見し、山根明会長の一連の疑惑について告発に至った経緯などを説明した。審判不正の新たな証拠として、山根氏らの音声データも公表した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】ボクシング連盟・山根氏の疑惑を告発 『再興する会』が会見」に対応しております。

     ◇     ◇

フジテレビ:すいません、フジテレビ「とくダネ!」の平野と申します。まず最初に、今日、会長が辞任ということを発表しました。それを聞かれて、それぞれ、どんなふうにお感じになったかを教えてください。それから発言の中に、東京オリンピックは無理かもしれないけれども、というようなことも含まれておりましたが、どういう趣旨であの言葉があったのか、お感じになったことを教えていただきたいと思います。鶴木さんからじゃあ、お願いしてよろしいですか。