動画をもっと見る

 国土交通省は9日、出荷前の新車の排ガスや燃費などの検査において、スズキとマツダ、ヤマハ発動機で不正があったと発表した。スズキは同日午後1時から記者会見を開き、鈴木俊宏社長らが詳細を説明する。

【動画】スズキも排ガス・燃費検査で不正 午後1時から会見

[画像] 会見で不適切検査について謝罪したスズキの鈴木俊宏社長(中央)

 スズキの発表によると、本来は無効とすべき試験を有効なものとして処理していたものがあった。測定データの書き換えはなかったとしている。

 排気ガスや燃費検査をめぐる不正は、これまでにSUBARU(スバル)や日産自動車でも同様の事案が発覚している。

※THE PAGEではこれらの会見の模様をライブ配信します。