再合流したイニエスタとポドルスキとの初共演だけでなく神戸で衝撃の外国人6人布陣が実現する?!(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

ワールドカップを制した経験をもつ2人のビッグネーム、元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ(34)、元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキ(33)の初共演が11日にも実現しそうなヴィッセル神戸が、誕生から四半世紀を迎えたJリーグの歴史に新たな1ページを記す可能性が出てきた。

 ヴィッセルには、現時点で8日にカタール1部のアル・ドゥハイルSCからの期限付き移籍が発表されたカタール代表DFアフメド・ヤセル(24)を含めて国籍が異なる6人の外国籍選手が在籍している。その6人が11日にホームで行われるジュビロ磐田との明治安田生命J1リーグ第21節でノエビア・スタジアム神戸のピッチに同時に立つ可能性が出てきたのだ。そうなれば、もちろんJリーグ史上で初だ。
 このような状況が可能になる理由は、2017シーズンから規約で拡大された外国籍選手の登録枠数にある。
 Jリーグの規約・規定集「明治安田生命J1・J2・J3リーグ試合実施要項」は、第14条の「外国籍選手」で登録枠数に関して次のように定めている。
【1】 試合にエントリー(ベンチ入り)することができる外国籍選手は、1チーム3名以内とする。ただし、アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の国籍を有する選手については、1名に限り追加でエントリーすることができる。
【2】登録することができる外国籍選手は、1チーム5名以内とする。
【3】 Jリーグが別途「Jリーグ提携国」として定める国の国籍を有する選手は、前2項との関係においては外国籍選手ではないものとみなす。

 ヴィッセルの外国籍選手は【1】でイニエスタ、ポドルスキ、ブラジル人のウェリントン(30)が当てはまる。さらにワールドカップ・ロシア大会に出場した韓国代表に招集されたGKキム・スンギュ(27)が、AFC加盟国の国籍を有する選手として追加エントリーが可能になる。

 また、Jリーグは外国籍選手としてカウントされない【3】として、現時点でタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタールの8ヵ国を定めている。ヴィッセルではタイ代表DFティーラトン(28)と新加入のヤセルが【3】に該当し、結果として6人全員のベンチ入り及び同時起用が可能になるわけだ。