就任4戦目で初勝利を挙げたG大阪・宮本新監督のぶれない采配力とは?(写真は昨年の資料・アフロスポーツ)

 気がついたときには、ガンバ大阪を率いる宮本恒靖監督(41)はピッチのなかへ足を踏み入れていた。1対1のまま突入した4分間の後半アディショナルタイムもほとんど残っていない状況で、FWアデミウソンが劇的な勝ち越しゴールを決めた直後だった。

「嬉しかったですね。みんなが勝ちたいと思ってプレーしていて、自分自身も勝ちたいという思いでしたけど、まさかああいうゴールが決まるとは思っていなかったので」

 ホームのパナソニックスタジアム吹田に2位のFC東京を迎えた10日の明治安田生命J1リーグ第21節。相手ゴールに背を向けた体勢で縦パスを受けたアデミウソンが、反転して迷うことなく左足を一閃する。ペナルティーエリアの外から放たれた強烈な弾道が、ゴールの右隅を鮮やかに射抜いた。

 日本代表のキャプテンとして、2度のワールドカップを戦った現役時代から冷静沈着かつスマートを身上としてきた指揮官が、我を忘れたかのようにピッチ上へ繰り出し、派手なガッツポーズを繰り返している。就任から4戦目。難産の末に手にした初勝利の味は格別だった。

「同点に追いつかれても、選手たちが前回までの試合には見られなかった『もう一度立ち向かう』というところを見せてくれた。みんなのハードワークでつかんだ勝利だと思うし、サポーターにも勝利を届けたかったので。本当に素晴らしい勝利だったと思います」

 鹿島アントラーズとの初陣は、右サイドからDF米倉恒貴が放ったクロスが幸運にも相手ゴールに吸い込まれる同点弾となって勝ち点1を拾った。続くジュビロ磐田戦は後半アディショナルタイムの最後に追いつかれて、無念の勝ち点1に終わった。

 最下位の名古屋グランパスと対峙した前節は、2点をリードして前半を折り返しながら、元ブラジル代表FWジョーにハットトリックを達成されて敗れ去った。順位は自動降格圏の17位に下がり、さらにグランパスには1ポイント差に肉迫された。

 今シーズンから指揮を執った、ブラジル人のレヴィー・クルピ前監督は開幕前のキャンプでほとんど走り込みを行わなかった。フィジカル的な貯金をまったく作れていなかった弊害が、日本列島全体を襲った歴史的な猛暑のなかで、後半に入ると足が止まる負の連鎖を招いた。

 さらにはチーム内で断トツとなる9ゴールをあげているFWファン・ウィジョが、インドネシア・ジャカルタで開催されるアジア競技大会に臨む韓国代表に招集されて離脱。FC東京戦を皮切りに、最大で5試合を欠場する事態に見舞われても、宮本監督は自身が積み重ねてきた軌跡を信じた。

 ファン・ウィジョの代役に指名したのは、J1で通算27ゴールを決めている192センチの長身FW長沢駿ではなかった。熊本県の強豪・大津高校から加入して3年目の20歳で、J1の舞台には一度も立ったことのないFW一美(いちみ)和成を緊張と興奮とが交錯するデビュー戦のピッチへ送り出した。