善光寺表参道(長野市)で12日夕から夜にかけて、お盆の花を売る「お花市」があり、帰省した家族らとともに花を買い求める市民らでにぎわいました。善光寺では14日から2日間、境内で盆踊りを催すなど仏都のイベントが続きます。

[写真]にぎわったお花市

 表参道には長野市近郊の農家が持ち寄った盆花(ぼんばな)の露店が並び、立ち寄る客が次々に買い求めていきました。農家持参の野菜やスイカ、ウリなども並び「安くておいしそう」と人気。

 この日は善光寺などでも盆花を配布。表参道の各所で子ども花火大会、フリーマーケット、太鼓の演奏などイベントを繰り広げ、中心市街地の広場ではコンサートに多数の市民が集まりました。

 善光寺の盆踊りは昭和初期から昭和40年ごろまで行われており、2007(平成19)年に国宝善光寺本堂再建300年を記念して復活。今回はお盆縁日として初めて1759(宝暦9)年建立の経蔵(重要文化財)の夜間特別拝観も行います。

 経蔵は回転する八角の輪蔵(りんぞう)に仏教経典を網羅した一切経が収められており、腕木を押して輪蔵を回すことで一切経をすべて読んだことと同じ功徳が得られるとされています。


■高越良一(たかごし・りょういち) 信濃毎日新聞記者・編集者、長野市民新聞編集者からライター。この間2年地元TVでニュース解説