日本の3倍という広大な面積を占める内モンゴル自治区。その北に面し、同じモンゴル民族でつくるモンゴル国が独立国家であるのに対し、内モンゴル自治区は中国の統治下に置かれ、近年目覚しい経済発展を遂げています。しかし、その一方で、遊牧民としての生活や独自の文化、風土が失われてきているといいます。

 内モンゴル出身で日本在住の写真家、アラタンホヤガさんはそうした故郷の姿を記録しようとシャッターを切り続けています。内モンゴルはどんなところで、どんな変化が起こっているのか。

 アラタンホヤガさんの写真と文章で紹介していきます。

【写真特集】故郷内モンゴル消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第13回

新区に建設された市役所。市内でも一番立派な建物だ=シリンゴル盟・シリンホト市(2018年7月撮影)

 今まで、12回にわたって内モンゴルの遊牧文化や遊牧民の日常生活や環境問題などを紹介してきた。そのほとんどはシリンゴル盟に拠点を置きながら撮影してきた。風景も美しく、その名は全国に知られている。そして、その政治的、経済的中心地にあるのがシリンホト市だ。

 シリンホト市は小山に囲まれた盆地に立地している。中国の四大草原の一つと言われるシリンゴル草原の中心にあり、シリンゴル川の河畔に位置する。昔から観光地として知られていた。

 今回帰国して、久しぶりにエルド二・オボーに登った。エルド二・オボーはベースイン・スムの裏山にあり、建設ラッシュが起きる以前はここが一番高いところで、シリンホト市の周囲の草原が見渡すことができた。シリンホト市を囲みながら南から西北に流れるシリンゴル川が夕日に真珠のように光りながら優雅に流れる姿がよく見られた。

エルド二・オボーから北を望む。遠く見えるのは全て露天掘りの炭鉱から掘り出された土山である。春になると、その南に位置するシリンホト市の上空にはPM2.5が浮遊する=シリンゴル盟・シリンホト市(2011年8月撮影)

 エルドニ・オボーのすぐ北には、大きな段々になった土山が見えた。それは炭鉱から掘り出されて出来上がった巨大な土山だった。

 シリンホト市は観光都市以外にも炭鉱の町という一面を持っている。石炭の需要の増加や火力発電所の建設などによって、露天掘りの炭鉱は次々開拓された。シリンホト市の周辺にも何カ所か大型の炭鉱があり、市のすぐ裏まで迫ってきている。

 この山積みにされた土が春になると強風に吹かれ、南に位置するシリンホト市を含む広い範囲に土が運ばれるので、空気汚染の被害を被ることになる。(詳しくは写真特集第6回参照)。(つづく)

※この記事は「【写真特集】故郷内モンゴル 消えゆく遊牧文化を撮る―アラタンホヤガ第13回」の一部を抜粋しました。

内モンゴル自治区の地図


アラタンホヤガ(ALATENGHUYIGA)
1977年 内モンゴル生まれ
2001年 来日
2013年 日本写真芸術専門学校卒業
国内では『草原に生きるー内モンゴル・遊牧民の今日』、『遊牧民の肖像』と題した個展や写真雑誌で活動。中国少数民族写真家受賞作品展など中国でも作品を発表している。
主な受賞:2013年度三木淳賞奨励賞、同フォトプレミオ入賞、2015年第1回中国少数民族写真家賞入賞、2017年第2回中国少数民族写真家賞入賞など。