本田がメルボルン・ビクトリーへの入団会見。現地メディアの注目はカンボジア監督との兼任問題だった(写真・ロイター/アフロ)

W杯ロシア大会で日本代表として活躍した本田圭佑(32)が15日、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーへの入団発表を現地で行った。現地メディアは、本田の話題を大きく取り扱った。とりわけ注目を集めたのはカンボジア代表チームのゼネラル・マネジャー兼監督に就任、異例の二刀流プレーヤーとなる点だ。

オーストラリアン紙は、390万豪州ドル(約3億1200万円)の1年契約であることを伝えると同時に、このカンボジアのGM&監督を兼任することについて掘り下げた。

 ビクトリーのアンソニー・ディ・ピエトロ会長は、同紙に「クラブ史上で最も大きな契約。我々のクラブが持つ野心を示したもの。この契約で、Aリーグで初となるクラブ会員3万人を突破できると信じている。カンボジア代表チームでゼネラル・マネジャー、監督に就任しながらビクトリーでプレーすることがアジアサッカー連盟のルールに引っかかるという懸念があったが、それは払いのけた」とコメント。

 ビクトリーのケビン・マスカット監督も、カンボジア代表監督就任に関する問題について、逐一連絡があったことを明らかにし「圭佑との話し合いを通じ、本田のマネージメント側は、彼の将来に対するモチベーションと計画について実にオープンで正直に話してくれた。長期的、短期的に重要な点は、彼がメルボルンにいることで、我々の試合や練習に対して妥協することはないということだ」と、カンボジア監督との兼任プレーについての不安を打ち消した。
 また本田自身の「自分は今日からビクトリーの選手。ファンのためチームメートのために良いプレーをすることに集中する。カンボジアは大きな問題でない」という声も紹介された。

 ただ同紙は「本田がどのように2つの役割をこなしていくかはまだ不明だが、カンボジアが、11月8日と同24日にスズキ・カップを戦うことで、その状況が、すぐに試されることになる。その間、ビクトリーは11月11日にセントラル・コースト、同25日にシドニーFCとの試合を控えている」と、日程的な問題があることを指摘した。マスカット監督は、「フィジカル面に何の問題もないが、どれくらいの状態かを見ていくことになるだろう。リスクを負うようなことはしない」と、説明しながらも、来週行われるFFAカップ戦のAPIAライカード・タイガース戦がデビュー戦となる可能性を明らかにしたという。

 豪メディアのNine Networkも、このカンボジア監督との兼任問題に注目した。

「ビクトリーをカンボジアより優先」との見出しを取り、「元日本代表の本田はカンボジア代表チームでの役割を受け持つがビクトリーを最優先することを改めて明らかにした。カンボジアでのポジションは、コーチのフェリックス・ゴンザレス氏と共に働くゼネラル・マネジャーとされている」と伝えた。

「日本のスーパースターは、カンボジアでクラブを持ち、サッカースクールもいくつか経営している。代表チームには、ビデオを通じて助言をしていくことが、ほとんどになると報じられている。マスカット監督は『チームは、本田のカンボジアでの大望について常に認識していた』と明かした。本田の優先順位はビクトリーにある」と説明した。カンボジア監督の就任会見では、テレビ会議などを通じて、指導を行っていく方針を本田は明らかにしていたが、その情報を伝えつつ、本田が選手を最優先に考えている部分を好意的に強調した。Aリーグは10月19日に開幕するが、5度目の優勝を目指すクラブの戦力にならなければ、このカンボジア監督との兼任問題は、本田にとってメディアの格好の材料になるのかもしれない。