[写真]記者からの質問に応えるグラショー博士(右)とバリッシュ博士

 次世代の大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致を目指す計画をめぐり、ノーベル物理学賞の受賞経験がある米国の2博士が7日、東京の外国特派員協会で記者会見を開き、ILC計画の意義や可能性などについて説明した。

 会見は、高エネルギー加速器研究機構やお茶の水女子大、東北大、東大、早大などの研究機関などでつくる「ILC推進プロジェクト」が主催。1979年にノーベル物理学賞に受賞したシェルドン・グラショー氏と、2017年に同じくノーベル物理学賞を受賞したバリー・バリッシュ氏が登壇した。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】『国際リニアコライダー』日本誘致でノーベル賞博士ら会見」に対応しております。

     ◇     ◇

日本経済新聞:すみません、日本経済新聞の【タキ 00:40:27】と申します。今日はどうもありがとうございます。人々の社会観とか価値観に関わる問題なんですけども、ヒッグス粒子について詳しく知ることのために、これほど大きなお金を掛けるということをどうやって納税者に納得させればいいんでしょうか。これは日本に限らずアメリカでもヨーロッパでもどこでも同じだと思いますけども、装置をつくるお金は税金から出るわけですので、納税者がどのようにこの物理学的な価値を納得するにはどうしたらいいんでしょうか。どう説明するつもりでしょうか。

司会:これは非常に重要な質問ですので、お2人にお答えいただくのが良いかと思いますが。まず予算についていつも苦労されている、実験をリードしているバリッシュ先生からお答えいただきましょうか。

バリッシュ:非常に膨大なお金が掛かるという事実そのものを否定するつもりはありません。しかしながらここで投資をされるお金というのは、長期間に渡って幅広い分野において使われるということを申し上げておきたいと思っております。これはほかの例えば研究プロジェクトに比べましても、

【写真】国際リニアコライダー計画で会見(全文1)ILCをつくらないと知ることできない