[写真]立候補届け出後に会見に臨む津村氏(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 国民民主党の代表選が22日に告示され、津村啓介衆院議員(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が立候補を届け出た。

 両候補は党本部で記者会見し、ともに安倍政権と対峙する姿勢を強調。津村氏は「現状打破、選手交代」を掲げ、尊厳死の合法化やポストアベノミクスに向けた方策などを訴えたのに対し、玉木氏は「死にものぐるいで改革」を打ち出し、子ども手当の拡充や日本版ベーシックインカムの導入などを主張した。来夏の参院選に向けた野党連携については、津村氏は共産党も含めた野党と1人区の事前の候補者調整に言及。玉木氏はまずは独自候補の模索が筋で無所属の会を含めた立憲民主党や社民党などの野党との協力が重要だの認識を示した。

 新しい代表は9月4日の臨時党大会で選出される。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】国民民主党の代表選告示 立候補した津村・玉木氏が会見」に対応しております。

     ◇     ◇

ニコニコ動画:すいません両候補それぞれ質問があるんですが。両候補、それぞれ。ニコニコ動画の七尾と申します。よろしくお願いします。それぞれ新しい政策を掲げられていると思います。それにつきましてそれぞれにお伺いします。まず津村候補なんですけれども、リアルな問題として今後大きな議論になっていくと思われる尊厳死の合法化。これを掲げられた理由と必要性につきましてもう少し詳しくお話をいただきたいと思います。それが第1点。

 玉木候補には総合的にかなり新しい政策が並んでいるかと思うんですけど、冒頭ございました、日本版ベーシックインカムの導入。特に第三子に1000万円給付等、すぐにでも実現すると言われましたけど、やはり子供国債の発行などでというお話でしたが、やっぱり国民としては民主党政権にできなかったことが果たしてできるのかっていうのはやはり純粋な疑問だと思います。これにつきましてはもう少し財源確保の点についてお伺いしたい。この2点お願いします。

浜口:それではまず、津村候補、お願いします。

津村:いくつかございます。数年前に役所広司さんでしたか。映画を見て非常に強い印象を持ったこともございますし、また医療現場を回っておりますと、胃ろうというんですかね、さまざまな医療、終末期医療の問題っていうのはこれは医療を受ける側、そして医療を施す側、さまざまな課題があるっていうことはこの15年間の政治生活で見聞きしてきました。

 積み重なってきたそうした私なりの問題意識がある1つの臨界点といいますか1つの形になったのは、実は年末年始の西部邁さんの自殺幇助の問題でございます。

【写真】国民民主代表選に津村・玉木氏出馬(全文3完)新しい問題提起・地方を大事に