[写真]立候補届け出後に会見に臨む玉木氏(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 国民民主党の代表選が22日に告示され、津村啓介衆院議員(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が立候補を届け出た。

 両候補は党本部で記者会見し、ともに安倍政権と対峙する姿勢を強調。津村氏は「現状打破、選手交代」を掲げ、尊厳死の合法化やポストアベノミクスに向けた方策などを訴えたのに対し、玉木氏は「死にものぐるいで改革」を打ち出し、子ども手当の拡充や日本版ベーシックインカムの導入などを主張した。来夏の参院選に向けた野党連携については、津村氏は共産党も含めた野党と1人区の事前の候補者調整に言及。玉木氏はまずは独自候補の模索が筋で無所属の会を含めた立憲民主党や社民党などの野党との協力が重要だの認識を示した。

 新しい代表は9月4日の臨時党大会で選出される。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】国民民主党の代表選告示 立候補した津村・玉木氏が会見」に対応しております。

     ◇     ◇

日本テレビ:日本テレビの右松と申します。よろしくお願いします。この両候補のキャッチフレーズについてお伺いしたいと思っています。先日の記者会見で玉木候補は、対決も解決も、というようなキャッチフレーズを述べられました。この言葉はこの選挙戦、さらにそのあとにも生かしていくのか。一方で津村候補はこの選挙戦、さらにはそのあとの党運営について何かスローガンといったものをお持ちなのかどうか。この点についてお伺いします。

浜口:では、この質問は玉木候補からお願いします。

玉木:死にものぐるいで改革ですね。日本を変えていかないとどんどん中国や新興国にも負けていっているので、私たちがやるべきことは改革ですよ。右でも左でもなく改革。これだと思います。とにかく古い仕組みにとらわれて身動きできなくなっている日本を変えていく。このことが大事だと思っていますから、死にものぐるいで改革。あるいは右でも左でもなく改革です。

浜口:はい。続きまして津村候補お願いします。

津村:私のキャッチコピーは現状打破、選手交代です。サブコピーは本気の野党共闘です。2週間の選挙戦の中で後半戦はタブーなき政策提言をしていきたいと思います。以上です。

【写真】国民民主代表選に津村・玉木氏出馬(全文1)尊厳死の合法化・子ども手当拡充