はやぶさ2、リュウグウの着地点候補

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午後4時から記者会見を開き、小惑星探査機「はやぶさ2」のによる小惑星「Ryugu」(リュウグウ)の観測状況や、9月以降に予定するタッチダウン(着陸)と探査ロボットの着陸地点選定の進捗状況について説明した。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】「はやぶさ2」のリュウグウ着陸地点の選定状況は? JAXAが会見 」に対応しております。

     ◇     ◇
津田:それから4番目は温度です。小惑星の表面温度、現在はちょうど370Kぐらいなんですけども、設計上の条件も370K、これ摂氏に直すと97、およそ100度です。100℃です。100℃以下ということになってます。これに対してリュウグウがどういう環境かは今言っちゃいましたけども、後ほどもう1回ご説明します。

【中継録画】「はやぶさ2」のリュウグウ着陸地点の選定状況は? JAXAが会見