はやぶさ2、リュウグウの着地点候補

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日午後4時から記者会見を開き、小惑星探査機「はやぶさ2」のによる小惑星「Ryugu」(リュウグウ)の観測状況や、9月以降に予定するタッチダウン(着陸)と探査ロボットの着陸地点選定の進捗状況について説明した。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】「はやぶさ2」のリュウグウ着陸地点の選定状況は? JAXAが会見 」に対応しております。

     ◇     ◇

津田:分離したあと、そのターゲットマーカーを目指して着陸するというのが標準のシーケンスになります。もちろんターゲットマーカーを分離したあとは自律で探査機は動きますので、その前もあとも含めて、着陸実施するか、あるいは中止するかっていう判断は探査機自身がすることになります。

記者1:ターゲットマーカーを下ろしたところに、例えばボルダーが多い場所だったりすると、それを避けたりとか、その判断っていうのは地上からできるものなんでしょうか。

津田:ターゲットマーカーを分離したあとは基本的には探査機の判断になります。そこが1つの重要なポイントで、そこから先は探査機がリュウグウの地形をきちんと認識して、危険は危険、安全は安全と判断できるかどうかが1つの、われわれのタッチダウンを決行、本当にするかどうかの判断基準になります。

記者1:ありがとうございます。

司会:ほかに質問のある方。ではお願いします。

【中継録画】「はやぶさ2」のリュウグウ着陸地点の選定状況は? JAXAが会見