吉田輝星が投げなかったU18壮行試合での注目は158キロを出した東洋大の甲斐野だった(資料イメージ写真・アフロスポーツ)

甲子園を沸かせた高校日本代表と大学日本代表の親善試合が28日、神宮球場で「U18アジア選手権壮行試合」として行われ、大学日本代表が7-3で勝利した。この試合には大阪桐蔭の藤原恭大、根尾昂、報徳学園の小園海斗ら高校のドラフト候補だけでなく、大学側からもプロ注目の逸材がズラリ。特に9回にストッパーとして登板した東洋大の甲斐野央は、最速158キロをマークして、ネット裏のプロスカウトにインパクトを与えた。本来は脇役だったはずの大学側が金足農の吉田輝星が投げなかった壮行試合で主役を食った。

 「158」
 電光掲示板に驚愕の数字が出ると神宮球場がどよめきに包まれた。
 最終回。4点のリードのマウンドに立った東洋大の右腕、甲斐野が叩き出した数字だ。ここまで大学生相手に2安打を放ち存在感を示した春夏制覇、大阪桐蔭の主軸、根尾への3球目に投じたインローのストレートが158キロをマークした。根尾はファウルにするのが、精一杯。3球で1-2と追い込んで最後は143キロのスプリットだった。根尾のバットは空を切った。158キロを見せられた後に、187センチの長身から、大きな落差で落とされたらプロでも対応できないだろう。

続く蛭間拓哉(浦和学院)には、カウント1-1から154キロの高めのストレートで空振りを取った。そして勝負球は、また142キロのスプリット。なんとか食らいついたが、打球は、力ない一塁へのゴロに変わった。ドラフト1位候補の評価を受けている甲斐野は、格の違いを見せつけ満員御礼となった高校野球ファンに確かな衝撃を与えた。

 元ヤクルトの名スカウトとして古田敦也や高津臣吾らを発掘した片岡宏雄さんは、「ストッパー向きだろう。バネがあり、フォームのバランスがよく、ピッチャーらしい球離れをしている。ピッチングのコツを知っている。即1軍で使えるかもね」と評価した。

「馬力だけのタイプじゃない。肘、腕の使い方も素直だ。馬力型は、プロで酷使されるとすぐダメになるからね。ただ絶対的な1位だ、というまでの衝撃は受けなかった。1イニングだけだったし、3年秋から急に出てくるというピッチャーにはまだ怖さがある。秋のリーグ戦をしっかりと投げてからの評価じゃないか」

東洋大姫路時代からストレートが140キロを超え、プロが注目していたが、東洋大へ進学。3年春までは1勝も上げることができなかった。だが、その秋にブレイク。5勝1敗 防御率2.06で、東都の最優秀投手とベストナインを受賞すると、今春はストッパーとして9試合に登板、防御率、1.80を誇り、立正大戦では、メジャーリーグスカウトのスピードガンで159キロをマークした。セットポジションからのダイナミックなフォーム。この日、藤原、根尾、蛭間の3人を打ち取ったピッチングは、ストレートだけに頼った力任せなものではなく、スライダーでカウントを稼ぎ、スプリットを決め球に使う、完成度の高いものだった。東洋大には、甲斐野の他に、上茶谷大河(京都学園)、梅津晃大(仙台育英)と2人のドラフト1位候補がいて、上茶谷は最速151キロを誇り、今春、東都の駒大戦で1試合20奪三振のリーグ新記録を樹立している。