宮川選手は会見で協会幹部のパワハラを告発した

 不可解だった体操界の暴力コーチ処分事件の背景と全体像が見えてきた。

 体操女子のリオ五輪代表、宮川紗江選手(18)が29日、都内の弁護士会館で記者会見を開き、日本体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長からパワハラ行為を受けていたとの告発を行った。宮川選手の専属コーチである速見佑斗コーチ(34)が自らへの暴力行為により無期限登録抹消などの処分を受けたが、パワハラ行為がなかったことを主張して、現在、裁判所に地位保全の仮処分を申し立てている処分の見直しを訴えた。

 また一連の協会側幹部の動きを「速見コーチと私を引き離して朝日生命に入れさせようとしていた」と暴露。塚原女子強化本部長から「このままでは五輪に出られなくなるわよ」と権力をちらつかせたパワハラ発言、ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用に制限をつけられるなどのパワハラ行為もあったと“告発“した。同日に会見を開いた日本体操協会側は、塚原女子強化本部長のパワハラ発言の有無についての回答を避け、正式な申し出があれば調査することを表明したが、宮川選手は心身共にショックを受けて世界選手権の代表候補など年内の活動辞退を決めた。宮川選手は「速見コーチと一から東京五輪での金メダルを目指す」と気丈に語り、協会の体制一新を求めたが、関係団体への正式な告発ではないため灰色決着が危惧される。

 準備されてきた衝撃の告白が約20分にわたって読み上げられた。

「私の言葉ですべての真実を、嘘偽りなく語ります」という宣言から始まった告白は、まず小学校5年生から師事している速見コーチの暴力問題について触れた。

 8月15日、突然、日本体操協会は、速見コーチの無期限の登録抹消、NTCでの活動禁止の懲戒処分を下したことを発表した。倫理規定に触れる違反行為と判断されたという。

 宮川選手は、1年以上前に「手で叩かれたり髪の毛を引っ張られたり」の速見コーチによる暴力行為があったことは認めたが、それらは怪我の危険がある場合や、練習で気の抜けていた場合に限られたもので「パワハラとは感じなかった」と主張。一部で報じられた「馬乗りになって殴られた」「髪の毛を持って引っ張り回された」などの暴力や、怪我や傷を負ったことなどを完全否定した。

 また会見に同席した山口弁護士によると、速見コーチへの協会の聴取の際、弁護士同席を訴えたが認められず「弁護士同席でなければ聴取を受けられないのならば拒否したとみなし、他の第三者の聴取だけで事実認定する」と、協会側が示したため、あきらめて一人で聴取に応じたという。

 この聴取手法も民主的ではなく大問題だ。

 宮川選手は「暴力行為は許されないが本人も反省している。あまりに処分が重過ぎる。納得がいかない」と、速見コーチが裁判所に仮処分を申請した理由を説明して、今後、共に練習できる環境を再構築するために処分の軽減を訴えた。登録抹消のままでは、今後、東京五輪出場を目指す際に重要となる全日本選手権やNHK杯などの試合会場に速見コーチが入ることができずに満足な指導を受けることができないためだ。

 当事者の宮川選手自身がパワハラや暴力行為を訴えたわけでもないのに、なぜ速見コーチの暴力行為が問題となり、処分にまで至ったのか。その不可思議な経緯について宮川選手は「納得のいかない不自然なことがいくつも起きていた」と、とんでもない裏側と別のパワハラ事件があったことを暴露した。

 宮川選手の説明によると、7月11日に速見コーチへ代表合宿へ参加できない旨が伝えられ7月15日の代表合宿中に宮川選手は練習中にもかかわらず塚原女子強化本部長と、夫で“月面宙返り”でミュンヘン五輪、モントリオール五輪の鉄棒で金メダルを獲得した協会の塚原光男副会長(70)に一人で個室に呼び出された。

 そこで塚原夫妻から「まるで誘導尋問のように」「(速見コーチが暴力を)やったよね」「(暴力が)あったんでしょう?」と速見コーチの暴力を認定するようにうながされた。さらに「あのコーチはダメ」「だからあなたは伸びない」「環境を変えなさい」「私はあなたの味方」「私なら速見の100倍は教えられる」と、速見コーチへの非難が続き、暴力問題で速見コーチが体操界にいられなくなった後に、暗に塚原女子強化本部長が監督を務める朝日生命体操クラブへの入部を勧めるような発言もあった。